19歳で仕事辞めたい!は甘え?辞めて良いと判断するポイントとは

本記事では、19歳のあなたが仕事を辞めて良いと判断するポイントを解説し、会社を辞めたくなってしまった時の対処法を紹介していきます。

高校を卒業してすぐに就職したけれど、今の仕事は本当に自分に合っている?と疑問に思ったり、毎日会社に行くのが憂鬱だったり、19歳の新卒社会人が「会社を辞めたい!」と思うのは珍しいことではありません。

大抵の大人たちは「新卒で1年も働いてないのに甘えてる!」とか「石の上にも3年」等と、したり顔でアドバイスしますが、本当にそうなのでしょうか?

今、19歳で「仕事を辞めたい」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

19歳(新卒)で仕事を辞めて良いケース

即日で退職する方法

新卒1年目で仕事を辞めたいと思ってしまった時、あなたは自分を責めてしまってはいませんか?

真面目な人ほど、「自分は甘えているんじゃないか?」「社会人として失格なのではないか?」と考えてしまうものですが、退職のタイミングを逃し事態を悪化させてしまうことだけは絶対に避けなくてはいけません。

会社を辞めるべきか、それともこのまま続けることが良いのか、冷静に状況を判断することが大切です。

19歳(新卒)で仕事を辞めて良いケース
・パワハラやセクハラを受けている
・誰が見てもブラック企業である
・精神的に追い詰められていて出社するのが怖い
・身体的不調が出ている
・人間関係が最悪で改善の見込みがない

パワハラやセクハラを受けている

あなたが今、会社からパワハラやセクハラを受けているのなら、悩んでいる暇はありません!即刻退職しましょう。

上司の罵声やいじめ、無理な要求、性的な嫌がらせが横行している職場は、パワハラ・セクハラがもはや文化として根付いてしまっている可能性が高いです。

新卒のあなたが会社に体質改善を求めて意見するのはかなり難しいことですし、恐らく揉み消されて終わりです。

そんな会社は逃げるが勝ち!です。

誰が見てもブラック企業である

あなたが勤めている会社が「ブラック企業」なら、会社をさっさと辞めるべきです。

ブラック企業の代表的な特徴
①異常な労働時間(長時間残業・休日出勤)
②有給休暇を取得できない
③相応の給料がもらえない(低賃金)
④離職率が高く、人の入れ替わりが激しい
⑤ハラスメントの横行
このような特徴が見られるなら、もう誰が見ても立派なブラックです。
あなたの「仕事を辞めたい」という感覚(判断)は間違いではありませんので今すぐ逃げ出しましょう。

精神的に追い詰められていて出社するのが怖い

会社で精神的に追い詰められると、出勤すること自体が怖く感じられ、上司や同僚と目を合わせることさえも困難になってしまうことがあります。

こうなると「心が壊れる一歩手前」のかなり危険な状態と考えられますので、早めに退職すべきですし、場合によっては専門の病院やカウンセリングに行くことも検討しなければなりません。

一刻を争う状態と言っても過言ではないので早めに環境を変えましょう!

身体的不調が出ている

身体的不調は正当な退職理由になります。

また、それが出社時の腹痛や息苦しさなどストレスによる体調不良である場合には精神的にかなり参っている状態です。

取り返しのつかないことになる前に早めに手(退職)を打ちましょう。

人間関係が最悪で改善の見込みなし

実際に就職してみないとわからないのが会社内の人間関係です。

退職理由は人それぞれですが、本音の部分では人間関係が原因であることが多いのではないでしょうか。

新卒1年目19歳なので当然まわりは歳上ばかりですし、自分の居場所がないと感じる場面も多いでしょう。

中には意地悪な先輩がいたり、上司から無能呼ばわりされたりすることもあるかもしれません。

人間関係は相手のあることですので、自分で努力すれば何とかなるという問題ではありません。

1日(人生)の大半を過ごす場所が職場であることを思えば、例えばそれが単純に好き嫌いの問題であったとしても、改善の見込みがない環境にいるより辞めてしまった方がはるかに良い人生を送れます。

会社を辞める手順

STEP

さて、いざ会社を辞めたい!辞めよう!と決意しても、そこからどのようにしたら良いのか分からないですよね。

社会人としての経験が浅い新卒者には疑問だらけといったところでしょう。

退職するまでの流れ

ここでは、会社を辞めるまでの一般的な流れについてみていきます。

退職までの流れ【4つのステップ】
ステップ① 退職の準備
ステップ② 上司に退職報告、話し合い
ステップ③ 退職届の提出
ステップ④ 返却物と受け取る物の整理

ステップ① 退職の準備

まず最初に、退職する時期を決めます。

できるだけ円満に退職するために会社が忙しい時期を避けるのが理想ですが、パワハラなど切羽詰まった状況にある時は、自分を守ることを第一優先としましょう。

また、退職理由についてもしっかりと整理しておきましょう。


ステップ② 上司に退職報告、話し合い

ステップ①で準備した内容(退職理由、退職日)を上司に伝えます。

退職について上司に話すのは新卒社員にとってはかなりハードルの高いことですし、精神的に追い詰められている状態で切り出すのは実際には難しいかもしれません。


ステップ③ 退職届の提出

上司との話し合いが無事にまとまれば、退職届を提出して具体的な手続きに入ります。


ステップ④ 返却物と受け取る物の整理

退職時の手続きとして制服や社員証、保険証等の貸与物を返却し、また逆に離職票や年金手帳など受け取らなくてはならないものもあります。

どのようにしたら良いのか、退職日までに会社と相談しておかなければいけませんが、これも精神状態や状況次第ではかなり苦痛になるでしょう。


今、追い詰められ切羽詰まっているのなら退職代行を!

NEWSTART

あなたが今、パワハラやセクハラを受けていたり、精神的に追い詰められている状況にあるなら、早急に環境を変える必要があります。

では、どうしたら良いのでしょうか?

答えは「退職代行サービスを利用する!」です。

退職代行なら退職に関する面倒な手続きや連絡等、全てあなたに代って進めてくれます。

あなたは、会社側と一切話をすることなく、上司や同僚と顔を合わせることもなく即日で退職することができます。

たった今、この瞬間に苦しみから解放されます!

会社に連絡するのが辛かったり、退職手続きをするエネルギーさえ残っていないという方にとって本当に救いの神となるサービスといえます。

退職代行を有効利用し新しいスタートを切りましょう!

退職代行サービスおすすめはどこ?

SARABA

退職代行は、とても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱うため、うっかり業者選びを間違えると退職失敗など大変な事態を招くことになります。

下記のチェックポイントをしっかりと確認し業者を選ぶことが大切です。

退職代行選びのチェックポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること

退職代行サービスは、現在100社以上がしのぎを削っていますが、当サイトが一番におすすめするのは退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ○ 27,000円+2,000円 ○ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

この比較表からも退職代行SARABA(サラバ)がいかに優れているかお分かりいただけると思います。

料金は業界最安級ですし、労働組合運営なので退職金や有給の取得など、いざという時には会社と交渉してくれるので本当に頼りになります。

もちろん19歳の新卒者もしっかりとサポートしてくれます。

24時間365日いつでも相談(無料)できるので、今、辛い!というあなたにしっかりと寄り添い丁寧に対応してくれます。

まずは公式サイトでLINE登録しあなたの悩みを相談してみましょう。

「辞めたい」が『甘え』と判断されやすいケース

NG

新卒者が1年もしないうちに「仕事を辞めたい」と思ってしまうのは、労働環境に問題があったりする場合も多いですが、逆に社会人としての自覚を疑わざるを得ないようなケースもあります。

「辞めたい」が「甘え」と判断されやすいケース
・早起きが苦手で出社が辛い
・仕事内容が希望したものと違っていた
・5月病、6月病を引きずっている
・疲れて、やる気が起きない
・毎日叱られるのが辛い

早起きが苦手で出社が辛い

社会人として「時間を守る」ということは初歩的ルールです。

朝起きるのが辛いから「会社を辞めたい」というのでは「甘え」と判断されても仕方のないことといえます。

しかし、仕事のストレスで精神的に追い詰められると、朝起きられなくなったり体を動かすことができなくなる場合がありますので、その見極めも大切になってきます。

精神的なダメージにより朝起きられないのであれば「甘え」ではなく「病気」の可能性がありますので早急に対処する必要があります。

仕事内容が希望と違っていた

就職先が希望する会社であっても、仕事内容までが希望通りになるとは限りませんし、また数年働いてみて仕事の面白みが理解できる場合もあります。

「甘えてる」と言われないためにも、しっかりと業務を覚えることが大切です。

しかし、どうしても仕事内容が合わず苦痛に感じるなら会社を辞めるという選択もありで、他人から非難される筋合いのものではありません。

5月病、6月病を引きずっている

5月病、6月病は環境の変化やストレスに起因するもので、新卒社会人に限らず、誰でもかかりうる現象です。

誰でも患う可能性がある以上「甘え」とみられても仕方ありませんが、まれに悪化して重症化することもありますので日頃のストレスケアが大切です。

精神的、肉体的な不調がすすむようなら仕事を辞めてリフレッシュしましょう。

疲れて、やる気が起きない

働いている以上、多かれ少なかれ誰でも疲れているものです。

それが肉体的な疲労なら上手に休息をとる方法を学ぶ必要がありますし、精神的な疲労であるなら日頃のストレスケアが大切になってきます。

ただし、「疲れてやる気が起きない」のが精神的な疲労からで、鬱的な症状が出始めていたら手遅れになる前に退職するなど早急に対処しましょう。

毎日叱られるのが辛い

あなたを従業員として雇った以上、会社は早く一人前になって欲しいと願っています。

上司があなたを叱るのもそんな愛のムチ、叱咤激励であることが多いでしょう。

しかし、それがもしパワハラに当たるようなもので精神的に大きな被害を受けている場合は今すぐ退職してしまいましょう。

会社を辞めたくなった時の対処法

caution

辞めたい理由を整理する

会社を何故辞めたいのか、その理由をしっかりと整理しましょう。

本当に退職すべき理由なのかどうかを考え、自分とじっくり向き合うことがとても大切です。

状況が好転する可能性はないか考える

例えば、嫌な上司が転勤になるなど状況が良い方向に変わる可能性はないかを考えます。

時間が解決してくれるような場合は、あと少しだけ我慢してみるのも一つの選択肢としてありではないでしょうか。

改善しそうにない場合は迷わず退職

さまざまな可能性を検討し、それでも改善しそうにない場合、迷わず退職しましょう。

あなたの貴重な時間、アレコレ悩むのは時間の無駄、もったいないだけですから。

結論:とにかく自分を守ること!を優先しよう

拳

毎日毎日我慢しながら辛い仕事を続けることに意義なんかありません。

仕事が辛すぎるなら自分を守ることを優先すべきです。

ボヤボヤしてるとこのままオッサン、オバさんになってしまいます。

悩み続けて心身までボロボロになってしまう前に嫌な上司や会社とは縁を切ってしまうことです!

簡単で確実、しかも最速であなたの悩みを解決してくれるのが退職代行サービスです。

当サイトがイチ押しする退職代行SARABA(サラバ)なら、今すぐ連絡すれば明日にでも退職することができ、たった今、この瞬間に苦痛から解放されます!

今、19歳で仕事を辞めたいと悩んでいるなら是非チェックしてください。