銀行員は即日退職できる?今すぐ辞めて良い理由、メリットも紹介

メガバンクに限らず地方銀行も含めて多くの人が銀行員に対して抱くイメージは、少しお固い感じはありますが収入が安定していて社会的な信用もあり、品行方正なエリートという感じなのではないでしょうか。

しかし実際に勤めている行員の方々にとっては非常にストレスが多い仕事で、「今すぐ辞めたい!」と感じている方がとても多い業種でもあります。

Tsuyoshi
僕の周りでもストレスに耐えきれず銀行を中途で退職した同級生や親戚など多くいますね。

本記事では、

銀行員即日退職できる?という疑問にお答えし

さらに

・辞めて良い理由

・辛い銀行員を辞めるメリット

も紹介していきます。

銀行の仕事が辛くて今すぐ辞めたいと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

すでに限界という方はまずご自身を守ってください!

急いで退職代行を利用してください!

当サイトおすすめのランキングTOP3から選べば安心です!

第1位:退職代行SARABA(サラバ)

【完全合法!実績多数!転職サポート!全てコミコミ24,000円!】労働組合だから有給/残業代/未払い給与/退職金など会社と交渉可能!24時間対応!

第2位:退職代行Jobs( ジョブズ)

【弁護士監修なのに27,000円!引越し・転職サポートあり!】 退職後の無料心理カウンセリングなど利用者に寄り添うサービス!

第3位:退職代行ガーディアン

【労働組合が力強くバックアップ!】東京労働経済組合があなたの自由と人権を守る!追加料金なし29,800円!

銀行員が即日で退職する方法

即日で退職する方法

まず、結論から言うと、基本的にどんな職業であっても会社との合意がなければ即日で退職することはできません。

会社の上司に「本日をもって退職させてください」と突然言っても、多くの場合は了承されないでしょう。

「本日をもって退職させて下さい」は原則不可能

会社を辞める場合、2週間前までに必ず申告しなくてはならいと民法に定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:e-Gov民法|第六百二十七条

このように、銀行員の仕事が辛過ぎて今すぐ辞めたいと思っても、

即日で退職することは法律違反となってしまいますので十分注意が必要です。

しかし実際には、

退職を伝えてから一度も会社に行かずに合法的に退職する方法は存在します。

以下で詳しく解説していきます。

即日で退職できるケース【雇用形態別】

即日退職の方法はあなたがどのような雇用形態で働いているのかで変わってきます。

正社員や契約社員、パート・アルバイトなどの雇用形態によって退職する時に適用される法律が違うからです。

ここでは、雇用形態別に即日退職できるケースをご紹介します。

銀行員(正社員)が即日退職できるケース

即日退職【正社員】の場合
① 会社と合意する

② 退職日まで有給休暇を使う

③ 退職日まで欠勤扱いにしてもらう

①会社と合意する

実際には、ほとんど期待することはできませんが、あなたの退職の申し入れに「辞めてもいいよ」と会社から同意を得ることができれば、理由のいかんを問わず即日で退職できます。

しかし、基本的には2週間前までに退職を通知する必要がありますし、余程のことがない限り難しいです。

②退職日まで有給休暇を使う

有休消化

「退職の2週間前までに申し出る」ことは法律上決まっていることですが、実は、この法律では会社に在籍することは義務付けられていますが、必ず出社しなければならないとは書いていないのです。

つまり、もし、あなたに有給が2週間以上残っているのであれば、会社に退職を申し出てから2週間分の有給休暇を一気に消化することで実質的に即日退職が可能になります。

とはいえ、有給休暇を取得するには自分で会社と交渉しなければならずなかなか言い出しにくいというのが現実です。

会社や上司と交渉するだけの余力がある方にとっては有効な方法と言えるでしょう。

③退職日まで欠勤扱いにしてもらう

「有給休暇が2週間も残っていないよ」という方は、退職日まで欠勤扱いにしてもらうことで実質的に即日退職できます。

しかし、この場合も会社側から同意を得る必要がありますので、交渉には大変なエネルギーが必要になります。

関連記事

会社の人間関係が最悪…。正社員だけどもう1日たりとも勤務したくない 正社員として夢や希望を持って入社した会社でも、様々な理由から「今すぐ辞めたい」「明日からもう出社したくない」と思っている人って結構いますよね。 そこ[…]

銀行員(契約社員)が即日退職できるケース

あなたが契約社員の銀行員である場合、以下の条件を満たすことで即日退職することが可能になります。

即日退職【契約社員】の場合
① 会社と合意する

② 契約期間が1年を超えている

③やむを得ない理由がある

①会社と合意する

実際には難しいかもしれませんが、会社との合意を得られれば、特に理由がなくても正社員同様、即日で退職できます。

②契約期間が1年を超えている

契約年数が1年以上で、なおかつ1年以上働いている場合は、会社に申し出ることで辞めることができます(労働基準法137条)。

③やむを得ない理由がある

民法628条に「やむを得ない事由があるとき」は直ちに退職できる旨の記述があります。

因みに、やむを得ない退職理由とは、

・家族の介護が必要になった

・パワハラ、セクハラを受けている

・心身の障害、病気になった

・業務内容が法令違反である

・配偶者の転勤

といったもので、自分自身ではどうにもならない理由を指します。

関連記事

私は契約社員として勤務していて契約期間が8カ月残ってます。でももう1日も勤務したくないんです。。 契約社員とは雇用期間を定めた「有期労働契約」を結んでいる社員を指しますが、契約期間の満了を待たずに会社を辞めることができ[…]

パート・アルバイトが即日退職できるケース

あなたがパート・アルバイトの銀行員である場合、雇用期間が定められているかどうかによって即日で退職する方法が変わってきます。

即日退職【パート・アルバイト】の場合
① 雇用期間なし→正社員と同じ方法

② 雇用期間あり→契約社員と同じ方法

ご自身の雇用期間について採用時の契約書を確認するか、雇用主に直接問い合わせましょう。

関連記事

バイト先が無理!アルバイトだけど辞めづらい。でももう1日たりとも勤務したくないし。。。 バイト先を今すぐ辞めることはできないか?という悩みをお持ちの方って多いですよね。 そこで本記事では ・アルバイトを即日で退職す[…]

即日で退職する時の注意点・流れ

バックレや無断欠勤は絶対NG!!

仕事が辛くて、「とにかく今すぐ辞めたい!」と思っていても、バックレたり無断で欠勤することだけは絶対に避けなくてはなりません。

無断欠勤からの流れで退職すると、会社側は懲戒解雇という処分ができるようになり、最悪、損害賠償請求などということにもなりかねません。

そうなると退職金の不支給や減給だけでなく、再就職や転職などにも悪影響しかありませんので、バックレ、無断欠勤は絶対しないようにしましょう。

関連記事

「会社に無断で仕事を辞めることはできるの?」こんな疑問をもった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか? 「仕事、バックレちゃおうかな?」こう考える場面って結構多かったりしますよね? そこで本記事では、 ・仕事を無断で辞[…]

逃げる

即日退職の流れ

即日退職4つのステップ
ステップ① 退職の準備
ステップ② 上司に退職報告、話し合い
ステップ③ 退職届の提出
ステップ④ 返却物と受け取る物の整理

ステップ①退職の準備


最初に退職日をどうするか決めますが、まずは実質的な退職日から決定し、そこから契約上の退職日を決めます。

この記事を読まれている方は「即日退職」を希望していると思いますので、実質的退職日は「当日」、契約上の退職日は最短で「2週間後」という事になりますね。

もちろん退職日までの扱いをどうするか(有給または欠勤扱い)も確認しておきましょう。


ステップ②上司に退職報告、話し合い


ステップ①で準備した内容を上司に伝えます。

上司に話すだけでストレスが大きいですが、加えて「即日退職!」なので中々すんなりとは認めてもらえないことが多く難しい局面です。

退職のステップで最もハードルが高い部分かもしれませんが、信念を曲げずに意思を貫きましょう。


ステップ③退職届の提出


無事に話し合いがまとまれば、あとは退職届を提出し、具体的に退職の手続きに入っていきます。


ステップ④返却物と受け取る物の整理


退職時の手続きとして制服や社員証、保険証等の貸与物を返却し、また逆に離職票や年金手帳など受け取らなくてはならないもの等もあります。

どのようにしたら良いのか、退職日までに会社と相談しておきましょう。

銀行員の仕事が辛過ぎるなら退職してOK!

仕事はあなたやあなたの周りの人を幸せにするための手段です。

辛すぎる仕事を続ける事にどれほどの意味があるのか、一度立ち止まって考えてみることが大切です。

銀行員の離職率は高い

「辞めたら会社に迷惑が…」なんて考えることはありません。

ひと昔に比べると銀行員離職率は高くなっていて、メガバンクを例にとれば3年以内の離職率が3割、5年以内ですと約半数いう現状が報告されています。

「赤信号みなんで渡れば怖くない」とは言いませんが、銀行員の仕事が辛くて辞めることはもはや珍しいことではありません。

精神的苦痛はデメリットばかり

【辛い仕事を我慢して続けるデメリット】

  • 心が壊れてしまう
  • 成果も上がらず仕事上で大きなミスを犯してしまう可能性も!

嫌で嫌で仕方のない仕事を続ける事による精神的な苦痛は、本当にデメリットしかありません。

精神的に追い詰められると

「健康上の問題」

が出たり

「仕事上の大きなミス」

などをしてしまうことがあります。

取り返しのつかない事になる前に早めに決断することが重要です。

銀行員の転職は比較的簡単!

銀行員の仕事は単調でありながら絶対にミスが許されず、作業量も膨大です。

そんな激務を経験してきた銀行員は転職する際に高く評価されますので、他業種よりも転職に有利と言えます。

あなたがあなたらしく輝ける働ける環境、仕事は他にきっとあるはずです。

嫌な会社を即日退職することのメリットは大きい

仕事について「絶賛お悩み中!」な時ほど正常な判断ができず、ご自身の足元に転がっている可能性に気づかないものです。

嫌な仕事から今すぐ解放されることのメリットがとても大きいことを忘れずにいましょう!

ストレスから解放され健康を取り戻せる

毎日毎日、気付かないうちに溜め込んでいるストレスは、精神的にも肉体的にも非常に深刻な影響を与えているかもしれません。

このようなストレスフルな状況から今すぐ!解放されることは、即日退職することの最大のメリットと言えますね。

健康が一番です!

転職など次のステップへの準備期間ができる

早く会社を辞めるということは、無駄に悩む時間をカットし、次の仕事について考える時間を多く持てることを意味します。

退職理由、これまでの辛かった経験を自分なりに分析することで再就職に活かすことができますね。

なお、先にも述べましたが銀行員から転職される方は高く評価される傾向がありますので、その点でも転職しやすいと言えます。

Tsuyoshi
転職先の企業によっては、銀行からの融資を引き出すためのノウハウに期待する向きもあるようです!

本来の自分の姿に戻れる(しかも最短で!)

仕事が辛過ぎて悩んでいるあなたは、本来の自分を見失っている可能性が高いです。

即日退職することで得られた時間は、自分を取り戻し、「今後」についてしっかりと判断するための貴重な時間となります。

今すぐ辞めたいなら『退職代行サービス』がおすすめ!

即日で退職する方法をひと通り紹介させていただきましたが、銀行員を今すぐ辞めたい!というあなたに一番おすすめの方法は、退職代行サービスを利用することです。

退職代行とは?

「今すぐ辞めたいけれど、有給も残っていない…」「上司と顔を合わせたくない」「会社と話をするのはちょっと…」という方でも、業者があなたに代わって退職の連絡をしてくれます。

会社側と一切話しをすることなく、上司や同僚と顔を合わせることもなく即日で退職することができます。

退職代行の正しい選び方・ポイントとは?

退職代行は、とても便利なサービスである反面、退職問題という非常にデリケートな事柄を扱うためトラブルになるケースも少なからずあります。

退職手続きをスムーズに運び、面倒なことにならないためにも業者の選び方がとても重要になってきます。

ぜひ、以下の5つのポイントをチェックし間違いのない業者選びをしてください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること

一番おすすめは【退職代行SARABA】

結論を急げば、銀行員のあなたに一番おすすめするのは、退職代行SARABAです。

元々は弁護士の仕事だった退職代行ですが、現在は一般業者も含めて100社以上がしのぎを削っています。

以下で法律事務所も含めた主要12社について、先のチェックポイントの中でも特に重要な【実績】【料金】【交渉力】を比較してみます。

退職代行サービス主要12社比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

第1位 退職代行SARABA ◎ 24,000円 ◎ 労働組合が運営
第2位退職代行Jobs ◎ 27,000円+2,000円 ◎ 一般業者+労働組合
第3位退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
第4位退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業者
第5位退職代行モームリ ◎ 22,000円(正社員)12,000円(アルバイト) ◎ 労働組合
退職代行TORIKESHI ◎ 25,000円 ◎ 労働組合
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業者
男の退職代行 ◎ 26,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業者

この比較表を見ても、退職代行SARABA(サラバ)がいかに優れているかおわかりいただけると思います。

業界最安級の料金、そしてなんと言っても労働組合による運営なので退職金や有給の取得など、いざという時はあなたに代わって会社と交渉してくれますので心強いですね。

24時間365日いつでも相談(無料)が可能ですので、ストレスが限界で明日から会社に行くのがとてもしんどいという方は、まずはLINE登録し今の悩みを相談してみてください。

関連記事

退職代行SARABA(サラバ)は退職代行サービスの代表的業者ですが、利用に踏み出せないでいる方も多いようです。 ネット検索するとSARABAという名前と一緒に「詐欺」とか「失敗」などと怪しい文字が出てきて不安なんですよね。[…]

退職代行サービス利用の流れ

退職代行サービスの流れはとてもシンプルで4つのステップで完了します。

面倒なことや難しいことは一切ありません。

【退職代行サービスの流れ】

  1. LINEで連絡・相談
  2. 納得したら料金を支払う(=申し込み)
  3. 担当者と打ち合わせ
  4. 退職完了を待つ

STEP①LINEで連絡・相談

まずは、LINE(メール・電話も可)で連絡し悩みや現状を相談します。

  • 今すぐ辞めたい
  • 退職金もしっかりもらいたい
  • 有給休暇を消化したい
  • 家族や親には内緒で。。。

など何でも相談OKです。

基本的に相談だけであれば無料ですから気軽にLINE登録して大丈夫です。


STEP②料金を支払う=申し込み

相談して心が決まったら料金を支払います(クレジットカード、銀行振込)。

支払い=申し込み完了となります。


STEP③担当者と打ち合わせ

申し込みが完了した後は、担当者と簡単な打ち合わせをします。

電話での打ち合わせでも良いですし、申し込むと送られてくるヒアリングシートに必要事項を書き込み返信してもOKです。

業者によっては申し込み当日に退職代行を実行してくれます。


STEP④退職完了を待つ

後は、退職が完了するとLINEに連絡が来ますので待ちましょう。

退職後の処理についてもスタッフから具体的に指示がありますので、言われた通りにすれば問題ありません。


「銀行員は即日退職できる?」まとめ

銀行員の仕事は、単調である中で、細かいミスも許されず残業時間も多い非常にハードな業務で精神的な負担がとても大きいです。

辛すぎる仕事を続けることで、あなたの心と体のバランスを崩してはいませんか?

もし、あなたが「今すぐ辞めたい」とお悩みなら、素直に自分の心と向き合いましょう。

一刻も早く、本当の自分らしさを取り戻しましょう。

退職代行サービスには、無料で転職サポートをしてくれるサービスが付いていますので、今すぐ会社を辞めても不安はありません。LINEでの相談も無料ですからまずは連絡してみましょう!

退職代行SARABA(サラバ)無料転職サポート付なので、「転職先が決まっていないから今すぐは無理。。」と悩む必要もありません。

また銀行員のあなたなら転職の際に高く評価される傾向がありますから比較的容易に転職ができると思います。

今は転職に悩むことよりも自分を守るためにも退職を急ぎましょう!

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

まずは行動を起こしましょう!

ほんの少し勇気を出して、人生を変える新しい一歩を踏み出しましょう!

あなたの未来が輝きと安らぎに満たされますように!

一番安心で確実に辞められる退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/

【厳選】退職代行おすすめランキングTOP3

当サイトが厳選し自信を持っておすすめする退職代行サービスランキングTOP3を紹介します。

100社以上あると言われる退職代行サービスから厳選に厳選を重ね、本当に安心して任せられる失敗しない業者だけをピックアップしました。

さらに詳しく知りたい方は「【厳選】退職代行おすすめランキング!」をご覧ください!

第1位:退職代行SARABA(サラバ)

SARABA

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 5.0
実 績 5.0
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 5.0
無料特典 5.0
総 合 5.0
退職代行SARABAおすすめポイント
  • 利用料金が業界最安値級(24,000円
  • 追加料金一切なし
  • 実績1.8万件以上
  • 退職成功率100%
  • 全額返金保証あり
  • 労働組合なので会社との交渉ができる
  • 365日24時間対応(深夜や休日でもOK・即対応)
  • 回数制限なしの無料相談
  • 行政書士監修の退職届プレゼント
  • 有給消化サポート
  • 無料転職サポートつき

今回ランキングの1位にあげた退職代行SARABAは退職に関する悩みを全て解決してくれる完璧なサービスと言えます。

利用料金は、オプション等の追加料金が一切なし、一律税込24,000円という業界最安値級の利用料金を実現していることも本当に助かります。

よくありがちな「安かろう悪かろう」という心配もSARABAには無関係です。

即日や有給消化後の退職希望など様々な状況にも応じた行政書士監修の退職届がもらえたり、労働組合運営なので会社との交渉もしっかり対応してくれるので安心してお任せできます。

\転職無料サポート付き/

関連記事

退職代行SARABA(サラバ)は退職代行サービスの代表的業者ですが、利用に踏み出せないでいる方も多いようです。 ネット検索するとSARABAという名前と一緒に「詐欺」とか「失敗」などと怪しい文字が出てきて不安なんですよね。[…]

第2位:退職代行Jobs( ジョブズ)

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 4.5
実 績 4.0
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 4.5
無料特典 5.0
総 合 4.7
退職代行Jobsおすすめポイント✅
  • 弁護士監修なのに27,000円(会社と交渉する場合は29,000円)
  • 退職成功率100%
  • 全額返金保証あり
  • 労働組合加入で会社との交渉ができる
  • 引越し・転職サポート
  • 無料心理カウンセリングあり

退職代行Jobsは弁護士監修でありながら、利用料金が税込27,000円という良心的な料金であることが大きな魅力となっています。

会社との交渉が必要な場合でも労働組合と提携していますので対応可能です(労働組合費2,000円別途)。

顧問弁護士による心理カウンセリングが無料で受けられるなどのサービスもあり、退職のストレスで辛い状況にある方には特におすすめします。

退職代行Jobsが提供するサービスの案内

関連記事

退職代行Jobs(ジョブズ)は顧問弁護士監修による優良な退職代行サービス業者ですが、利用をためらっている方も多いようです。 退職代行も業者がいろいろあり過ぎて、実際のところがよくわからないです。。 そこで今回の記[…]

第3位:退職代行ガーディアン

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 4.5
実 績 非公開
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 4.0
無料特典 3.5
総 合 4.5
退職代行ガーディアンおすすめポイント
  • 追加料金一切なし、一律29,800円
  • 退職成功率100%
  • 労働組合なので会社との交渉ができる
  • 非営利の法人であるため利益を目的としていない(労働組合法人

退職代行ガーディアンの利用料金は追加料金一切なしの一律29,800円が魅力の一つと言えます。

ガーディアンは非営利法人(労働組合法人)で利益を目的としておらず、このサービスの利用料金も「退職代行の料金」としてではなく労働組合の組合費となっています。

労働組合ですから、会社との交渉ももちろん可能です。

当サイトでおすすめしている退職代行サービスはすべて安心して任せられるものですが、「利益目的」というところにアレルギーのある方にはこの退職代行ガーディアンがおすすめです。

\労働組合で辞める!/
退職代行ガーディアンに相談する

関連記事

退職代行ガーディアンは労働組合法人が運営する優良な退職代行サービス業者ですが、利用をためらっている方も多いようです。 退職代行って数が多すぎて、どこが良いのかさっぱりわからない。ガーディアンのいう労働組合法人ってどういうこ[…]