介護職は即日退職できる?今すぐ辞めて良い理由と我慢するデメリット

介護職は未経験でも始められますが、精神的にも肉体的にもストレスが多い仕事で「思っていた以上に辛すぎる」「自分には向いてない」と感じている方も多いです。

Tsuyoshi
超高齢化社会で「やりがいのある職業」とされていますが現場は想像以上に大変だと言われていますね。。
そこで本記事では、介護職は即日退職できるの?という疑問にお答えし、辞めても良い理由我慢して続けるデメリットについて解説しています。

介護の仕事が辛くて今すぐ辞めたいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

介護職を即日で退職する方法

まず、結論から言うと、介護職に限らず基本的にどのような職業であっても会社との合意がなければ即日で退職することはできません。

会社の上司に「本日をもって退職させてください」と突然言っても、多くの場合は了承されないでしょう。

「本日をもって退職します」は原則不可能

会社を辞める場合、2週間前までに必ず申告しなくてはならいと民法に定められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:e-Gov民法|第六百二十七条

このように、仕事が辛過ぎて今すぐ辞めたいと思っても、即日で退職することは法律違反となってしまいますので十分注意が必要です。

しかし、実際には、退職を伝えてから一度も会社に行かずに合法的に退職する方法は存在します。

以下で詳しく解説していきます。

即日で退職できるケース【雇用形態別】

正社員や契約社員、パート・アルバイトなど人によって雇用形態は様々で、適用される法律も違います。

ここでは、雇用形態別に即日退職できるケースをご紹介します。

正社員が即日退職できるケース

即日退職【正社員】の場合
❶ 会社と合意する
❷ 退職日まで有給休暇を使う
❸ 退職日まで欠勤扱いにしてもらう

①会社と合意する

実際には、ほとんど期待することはできませんが、あなたの退職の申し入れに「辞めてもいいよ」と会社から同意を得ることができれば、理由のいかんを問わず即日で退職できます。

しかし、基本的には2週間前までに退職を通知する必要がありますし、余程のことがない限り難しいです。

②退職日まで有給休暇を使う

有休消化

「退職の2週間前までに申し出る」ことは法律上決まっていることですが、実は、この法律では会社に在籍することは義務付けられてますが、必ず出社しなければならないとは書いていないのです。

つまり、もし、あなたに有給が2週間以上残っているのであれば、会社に退職を申し出てから2週間分の有給休暇を一気に消化することで実質的に即日退職が可能になります。

とはいえ、有給休暇を取得するには自分で会社と交渉しなければならずなかなか言い出しにくいというのが現実です。

会社や上司と交渉するだけの余力がある方にとっては有効な方法と言えるでしょう。

③退職日まで欠勤扱いにしてもらう

「有給休暇が2週間も残っていないよ」という方は、退職日まで欠勤扱いにしてもらうことで実質的に即日退職できます。

しかし、この場合も会社側から同意を得る必要がありますので、交渉には大変なエネルギーが必要になります。

契約社員が即日退職できるケース

あなたが契約社員の場合、以下の条件を満たすことで即日退職することが可能になります。

即日退職【契約社員】の場合
❶ 会社と合意する
❷ 契約期間が1年を超えている
❸ やむを得ない理由がある

①会社と合意する

実際には難しいかもしれませんが、会社との合意を得られれば、特に理由がなくても正社員同様、即日で退職できます。

②契約期間が1年を超えている

契約年数が1年以上で、なおかつ1年以上働いている場合は、会社に申し出ることで辞めることができます(民法628条)。

③やむを得ない理由がある

民法628条に「やむを得ない事由があるとき」は直ちに退職できる旨の記述があります。

因みに、やむを得ない退職理由とは、

・家族の介護が必要になった

・パワハラ、セクハラを受けている

・心身の障害、病気になった

・業務内容が法令違反である

・配偶者の転勤

といったもので、自分自身ではどうにもならない理由を指します。

パート・アルバイトが即日退職できるケース

あなたがパート・アルバイトの場合、雇用期間が定められているかどうかによって即日で退職する方法が変わってきます。

即日退職【パート・アルバイト】の場合
❶ 雇用期間なし→正社員と同じ方法
❷ 雇用期間あり→契約社員と同じ方法

ご自身の雇用期間について採用時の契約書を確認するか、雇用主に直接問い合わせましょう。

即日で退職する時の注意点・流れ

バックレや無断欠勤は絶対NG!!

介護の現場が辛くて、「とにかく今すぐ辞めたい!」と思っていても、バックレたり無断で欠勤することだけは絶対に避けなくてはなりません。

無断欠勤からの流れで退職すると、会社側は懲戒解雇という処分ができるようになり、最悪、損害賠償請求などということにもなりかねません。

そうなると退職金の不支給や減給だけでなく、再就職や転職などにも悪影響しかありませんので、バックレ、無断欠勤は絶対しないようにしましょう。

今すぐ辞めたいけれど「退職を言いづらい」という場合には「辞めたくても辞めづらい時の対処法」をご覧ください。

関連記事

「会社に無断で仕事を辞めることはできるの?」こんな疑問をもった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか? 「仕事、バックレちゃおうかな?」こう考える場面って結構多かったりしますよね? そこで本記事では、 ・仕事を無断で辞[…]

逃げる

即日退職の流れ

即日退職4つのステップ
ステップ① 退職の準備
ステップ② 上司に退職報告、話し合い
ステップ③ 退職届の提出
ステップ④ 返却物と受け取る物の整理

ステップ①退職の準備


最初に退職する日を決めますが、実質的な退職日から決定し、そこから契約上の退職日を決めます。

この記事を読まれているあなたは「即日退職」を希望していると思いますので、実質の退職日は「当日(本日)」、契約上の退職日は最短で「2週間後」という事になりますね。

もちろん退職日までの扱いをどうするか(有給または欠勤)も確認しておきましょう。


ステップ②上司に退職報告、話し合い


ステップ①で準備した内容を上司に伝えます。

上司に話すだけでもストレスですが、加えて「即日退職!」なので中々すんなりとは認めてもらえないことが多いです。

退職のステップで最もハードルが高い部分かもしれませんが、信念を曲げずに意思を貫きましょう。


ステップ③退職届の提出


無事に話し合いがまとまれば、あとは退職届を提出し、具体的に退職の手続きに入っていきます。


ステップ④返却物と受け取る物の整理


退職時の手続きとして制服や社員証、保険証等の貸与物を返却し、また逆に離職票や年金手帳など受け取らなくてはならないもの等もあります。

どのようにしたら良いのか、退職日までに会社と相談しておきましょう。

介護職を今すぐ辞めて良い理由

超高齢化社会において慢性的な人手不足が指摘されている「介護職の現場」を辞めることに少し後ろめたさや心理的抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし結論を言うと、辞めたいなら辞めて良いんです。

【介護職を今すぐ辞めて良い理由】

  • 辛いのはあなたなのだから、自分を優先した方が良い
  • 人間関係の悩みはこれからも続いていく
  • 賃金が仕事内容に見合っていない
  • 介護職には向き不向きがある

辛いのはあなたなのだから、自分を優先した方が良い

一番お伝えしたいのは「辛いのはあなた!自分を優先した方が良い」ということです。

「人手不足だし仲間に迷惑がかかる」とか「辞めるのは後ろめたい」などと考える必要はありません。

仕事とはあなたが幸せになるための手段でしかありませんから、全てにおいて自分を優先させるべきです。

自分が辞めることで仲間に負担をかけてしまうこともあるかもしれませんが、そんなことは会社の方で解決してもらいましょう。

関連記事

仕事を辞めたくても辞められないという状況は本当に辛いものです。 人手も不足しているし、今辞めたらみんなが困るよね。。。 このように自分自身の「辛い」気持ちよりも同僚などへの「気遣い」を優先している方も多いのではないで[…]

人間関係の悩みはこれからも続いていく

介護の仕事は、自分一人で黙々とこなせる仕事ではありません。

利用者、利用者の家族、職場のスタッフ、医師や看護師など関わる人がとても多いのが特徴の一つです。

認知症を抱えた高齢の利用者のわがままや暴言や暴力職も少なくないですし、職場のスタッフも年齢層が幅広く良好な人間関係を築く上でストレスが非常に多いいものです。

人間関係がギクシャクしてしまうと、相手もあることなので元に戻すことは非常に大変です。

Tsuyoshi
合わない人とは距離をとるのがいちばんの解決法ですが、介護現場ではそうもいきませんよね。。
人間関係の悩みが、これからもずっと続いていくのかと思うと人生絶望しかありません。

賃金が仕事内容に見合っていない

介護職は精神的にも肉体的にもとてもハードな仕事と言われていますが、その割には報酬が少ないと不満に思っている方も多いです。

特に地方においては給与水準が非常に低いところも見受けられます。

Tsuyoshi
僕の知人はバイトを掛け持ちで働いています。。
高齢化社会で今後も必要とされる介護の仕事ですが、賃金が伴わないのではやりがいも何もありません。

介護職には向き不向きがある

どんな職業でもそうですが、介護職にも向いている人とそうでない人がいます。

とくに介護の仕事は「入浴の介助」や「排泄の介助」を伴いますので、体力がない人や神経質過ぎたり潔癖症だったりする人には難しい仕事といえるでしょう。

人には向き不向きというものがありますし、他の仕事について自分の能力を発揮した方が良いです。

我慢するデメリット(やりがいとストレスは別)

デメリット

どんなに「やりがい」のある仕事でもストレスに耐えて我慢し過ぎるのはデメリットしかありません。

ストレス状態に慣れ過ぎると感覚が麻痺して「やりがい=ストレス」というおかしな錯覚に陥ってしまう危険性もあるので注意が必要です。

ここからはガマンすることのデメリットについて見ていきます。

精神的に追い込まれてしまう

もうすでにそうなっているのかもしれませんが、あなたが精神的に追い込まれてしまうことが一番危険なのです。

人間はストレス環境に慣れ過ぎ心が麻痺してしまうと、今現在抱えているストレスの度合いが平均的なレベルをとっくに超えてしまっていることに気づけなくなることがあります。

こうなると、心と体のバランスが崩れてしまい、ある日突然に体が動かなくなったり、出社することができなくなったりします。

うつ病など精神疾患を一度発症してしまうと、専門医による診察、治療、カウンセリングなどが必要となり完治するまでに非常に長い時間が必要となり、日常生活にも大きな支障をきたしてしまうことがあります。

 

仕事で成果が出せない

大きなストレスを抱えながら、いやいや仕事をしても良い成果は上げられませんし、大きなミスやトラブルを引き起こす可能性すらあります。
それはあなた自身にとっても介護サービスの利用者にとっても良いことではありません。

あなたが本来の力を発揮してイキイキとした毎日を送ることができる環境は別にきっとあります!

辞めたくても「辞めづらい」時の対処法

「もう辞めてしまおう!」と決心はしてみたものの、退職を上司に言いづらかったり引き止めにあったりして退職が難しい方も多いです。

「辞めたくても辞められない」状況を解決するには退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

  • 会社を辞めたいけれど言えない…
  • ストレスが限界で会社を辞めたい…
  • パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。

Tsuyoshi
会社のストレスをたった今この瞬間に!一瞬でゼロにしてくれるサービスです!

退職代行サービスの正しい選び方・ポイントとは

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。

失敗しない退職代行サービスはどこ?

SARABA

失敗しない退職代行サービスとして一番おすすめできるのは「退職代行SARABA(サラバ)です。

「会社に行きたくない」「吐き気や目眩に襲われる」という大きなストレスを抱えているあなたのために「退職代行SARABA(サラバ)」は力強い味方になってくれます。

以下で、退職代行主要10社を特に重要な【実績】【料金】【交渉力】という点で比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ◎ 27,000円+2,000円 ◎ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

いかがでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)なら、サービス料金が業界最安級で、しかも労働組合による運営なので万が一の時も会社側と交渉が可能、実績も申し分のないということがおわかりいただけたと思います。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついていますので安心ですね。

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

「介護職は即日退職できる?」まとめ

決意

介護の仕事は、超高齢化社会でますます必要とされる職業となるでしょう。

一方で、人間関係や待遇面などストレスが多く、体力的にもキツイ職業であることも否定できません。

辛過ぎる仕事を続けることで、あなたは心と体のバランスを崩してしまってはいませんか?

あなたが抱えているストレスは、あなたが思っている以上に大きく深刻なものなのかもしれません。

もし、あなたが「今すぐ介護職を辞めたい」とお悩みなら、素直に自分の心と向き合ってみましょう。

退職代行SARABA(サラバ)を利用すれば「今、この瞬間に苦しみや悩みから解放」されます。

あなたが本来の姿でイキイキとした日常を取り戻せますように!

退職代行サービスには、無料で転職サポートをしてくれるサービスが付いていますので、今すぐ会社を辞めても不安はありません。LINEでの相談も無料ですからまずは連絡してみましょう!

\転職無料サポート付き/