看護師が即日退職する方法!今すぐ辞めて良いと判断するポイント紹介

看護師を辞めたいんだけど、どうしても踏み出せない。。
私は仕事内容というより今の職場がちょっと。。
看護師は仕事がハードな上に人間関係で悩む人も多く、「できることなら今すぐにでも辞めたい!」と考える方は非常に多いです。
Tsuyoshi
退職を言いづらかったり、上司や家族の引き留め、奨学金の返済など様々な理由で辞められない方も多いですよね。
そこで本記事では、「看護師を辞めたいけれどどうして良いかわからない」、「本当に辞めてしまっても良い?」などと悩んでいる方に向けて、
  • 看護師が即日退職する方法
  • 今すぐ辞めて良いと判断するポイント
  • 辞めたくても辞められない3つのケースと対処法

について詳しく解説していきます。

看護師が即日退職する方法

看護師の仕事がハード過ぎて辛かったり、職場の人間関係に疲れ過ぎて明日から出勤したくないと思う人は非常に多いです。

ここでは、看護師が即日で退職する方法について解説していきます。

「本日をもって退職します」は原則不可能

まず、結論から言うと、看護師に限らず基本的にどのような職業であっても会社との合意がなければ即日で退職することはできません。

あなたがある日突然、看護師長や上司に「本日をもって退職させてください」と言っても、多くの場合は了承されないでしょう。

会社を辞める場合、2週間前までに必ず申告しなくてはならいと民法に定められているからです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:e-Gov民法|第六百二十七条

このように、仕事が辛過ぎて今すぐに辞めたいと思っても、即日で退職することは法律違反となってしまいますので十分注意が必要です。

しかし、実際には退職を伝えてから一度も職場に行かずに合法的に退職する方法は存在します。

以下で詳しく解説していきます。

即日で退職する方法は雇用形態によって変わります

雇用形態

正社員や契約社員、パート・アルバイトなど人によって雇用形態は様々で、適用される法律も違います。

あなたはどのような形で雇用されていますか?

ここでは、雇用形態別に退職できるケースについてご紹介します。

正社員が即日退職できるケース

即日退職【正社員】の場合
❶ 会社と合意する
❷ 退職日まで有給休暇を使う
❸ 退職日まで欠勤扱いにしてもらう
①会社と合意する

実際には日とんど期待することはできませんが、あなたの退職の申し入れに「辞めても良いよ」と会社から同意を得ることができれば、理由の如何を問わず即日で退職できます。

しかし、基本的には2週間前までに退職を通知する必要がありますので、余程のことがない限り難しいと言えるでしょう。


②退職日まで有給休暇を使う

「退職の2週間前までに申す出る」ことは法律上決まっていることですが、実はこの法律では会社に在籍することは義務付けられていますが、必ず出勤しなければならないとは書かれていないのです。

つまり、もしあなたに有給が2週間以上残っているのであれば、会社に辞めることを伝えてから2週間分の有給休暇を一気に消化することで実質的に即日退職が可能になります。

とはいえ、有給休暇を取得するには自分で会社と交渉しなければならず、なかなか言い出しにくいというのが現状です。

会社や上司と交渉するエネルギーが残っている方にとっては有効な方法と言えるでしょう。


③退職日まで欠勤扱いにしてもらう

「有給が2週間も残っていないよ」という方は、退職日まで欠勤扱いにしてもらうことで実質的に即日退職できます。

しかし、この場合も会社側からの同意を得なければいけませんので、交渉には大変なエネルギーエネルギーを必要とします。

契約社員が即日退職できるケース

あなたが契約社員の場合、以下の条件を満たすことで即日退職することが可能になります。

即日退職【契約社員】の場合
❶ 会社と合意する
❷ 契約期間が1年を超えている
❸ やむを得ない理由がある
①会社と合意する

実際には難しいかもしれませんが、会社から合意を得ることができれば、特別な理由がなくても正社員同様に即日で退職できます。


②契約期間が1年を超えている

契約年数が1年以上で、なおかつ1年以上働いている場合は、会社に申し出ることで辞めることができます(民法628条)。


③やむを得ない理由がある

民法628条に「やむを得ない事由があるとき」は直ちに退職できる旨の記述があります。

因みに、やむを得ない退職理由とは、

  • 家族の介護が必要になった
  • パワハラ、セクハラを受けている
  • 心身の障害、病気になった
  • 業務内容が法令違反である
  • 配偶者の転勤

といったもので、自分自身ではどうにもならない理由を指します。

パート・アルバイトが即日退職できるケース

あなたがパート・アルバイトの場合、雇用期間が定められているかどうかによって即日で退職する方法が変わってきます。

即日退職【パート・アルバイト】の場合
❶ 雇用期間なし→正社員と同じ方法
❷ 雇用期間あり→契約社員と同じ方法

ご自身の雇用期間について採用時の契約書を確認するか、雇用主に直接問い合わせましょう。

即日退職する時の注意点・流れ

上記の通り、看護師を実質的に即日で退職する方法はありますが、注意しなければならないこと、退職するための順番も当然あります。

Tsuyoshi
ここでは絶対にNGな注意点、退職までの流れを押さえておきましょう!

バックレや無断欠勤は絶対NG!!

看護師の仕事や人間関係が辛くて、「とにかく今すぐ辞めたい!」と思っていても、バックレたり無断で欠勤することだけは絶対に避けなくてはなりません。

無断欠勤からの流れで退職すると、会社側は懲戒解雇という処分ができるようになり、最悪、損害賠償請求などということにもなりかねません。

そうなると退職金の不支給や減給だけでなく、再就職や転職などにも悪影響しかありませんので、バックレ、無断欠勤は絶対しないようにしましょう。

関連記事

「会社に無断で仕事を辞めることはできるの?」こんな疑問をもった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか? 「仕事、バックレちゃおうかな?」こう考える場面って結構多かったりしますよね? そこで本記事では、 ・仕事を無断で辞[…]

逃げる

即日退職の流れ

即日退職4つのステップ
ステップ① 退職の準備
ステップ② 上司に退職報告、話し合い
ステップ③ 退職届の提出
ステップ④ 返却物と受け取る物の整理

ステップ①退職の準備


スケジュール

最初に退職する日を決めますが、実質的な退職日から決定し、そこから契約上の退職日を決めます。

この記事を読まれているあなたは「即日退職」を希望していると思いますので、実質の退職日は「当日(本日)」、契約上の退職日は最短で「2週間後」という事になりますね。

もちろん退職日までの扱いをどうするか(有給または欠勤)も確認しておきましょう。


ステップ②上司に退職報告、話し合い


話し合い

ステップ①で準備した内容を上司に伝えます。

上司に話すだけでもストレスですが、加えて「即日退職!」なので中々すんなりとは認めてもらえないことが多いです。

退職のステップで最もハードルが高い部分かもしれませんが、信念を曲げずに意思を貫きましょう。


ステップ③退職届の提出


無事に話し合いがまとまれば、あとは退職届を提出し、具体的に退職の手続きに入っていきます。


ステップ④返却物と受け取る物の整理


離職票

退職時の手続きとして制服や社員証、保険証等の貸与物を返却し、また逆に離職票や年金手帳など受け取らなくてはならないもの等もあります。

どのようにしたら良いのか、退職日までに会社と相談しておきましょう。

職場に返却するもの(例)

  • 健康保険証
  • 入園証や名札、合鍵等
  • 通勤定期券
  • 白衣や制服など

職場から受け取るもの(例)

  • 離職票
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票

辞めて良いと判断するポイント

看護師を辞めたくなったけれど本当に今やめてしまっても良いの?そう迷っている方も多くいます。

ここでは、今すぐやめて良いかどうか判断するポイントについて解説していきます。

辞めたい理由は様々あると思いますが、あなたの辞めたいと思う理由が以下に該当する場合には今すぐに退職に向けて行動を起こしてください。

【今すぐ辞めて良いケース】

  1. パワハラ・セクハラなどを受けている
  2. 誰から見てもブラックな労働環境
  3. 精神的に追い詰められていて出勤するのが怖い
  4. 身体的に不調が出ている
  5. 人間関係が改善する見込みがない

特に①〜④に該当する方は、時間がありませんのでこちらにジャンプしてください。

パワハラ・セクハラなどを受けている

あなたが今、職場でパワハラやセクハラを受けているのなら、悩んでいる暇はありません!即刻退職しましょう。

上司の罵声やいじめ、無理な要求、性的な嫌がらせが横行している職場は、パワハラ・セクハラがもはや文化として根付いてしまっている可能性が高いです。

あなたがどんなに正義感が強かったとしても職場に体質改善を求めて意見するのはかなり難しいことですし、恐らく揉み消されて終わりです。

そんな会社は逃げるが勝ち!です。

誰から見てもブラックな職場環境

あなたが勤務している職場の環境が「ブラック状態」なら、会社をさっさと辞めるべきです。

ブラック企業の代表的な特徴
①異常な労働時間(長時間残業・休日出勤)
②有給休暇を取得できない
③相応の給料がもらえない(低賃金)
④離職率が高く、人の入れ替わりが激しい
⑤ハラスメントの横行
このような特徴が見られるなら、もう誰が見ても立派なブラックです。
あなたの「仕事を辞めたい」という感覚(判断)は間違いではありませんので今すぐ逃げ出しましょう。

精神的に追い詰められて出勤するのが怖い

職場で精神的に追い詰められると、出勤すること自体が怖く感じられ、上司や同僚と目を合わせることさえも困難になってしまうことがあります。

こうなると「心が壊れる一歩手前」のかなり危険な状態と考えられますので、早めに退職すべきですし、場合によっては専門の病院やカウンセリングに行くことも検討しなければなりません。

一刻を争う状態と言っても過言ではないので早めに環境を変えましょう!

関連記事

仕事だから!と頑張り過ぎるのはとても危険なことなんです。 「あれ?なんか最近体調がおかしいぞ…」 「もしかして限界?」 こんなふうに自分自身の異変に気づくことができたなら、あなたはまだ間に合うか[…]

身体的に不調が出ている

身体的不調は正当な退職理由になります。

また、それが出社時の腹痛や息苦しさなどストレスによる体調不良である場合には精神的にかなり参っている状態です。

取り返しのつかないことになる前に早めに手(退職)を打ちましょう。

人間関係が改善する見込みがない

退職理由は人それぞれですが、本音の部分では人間関係が原因であることが多いのではないでしょうか。

看護師の仕事はハードですし、いつもイライラして意地悪な先輩がいたり、上司から無能呼ばわりされたりすることもあるかもしれません。

人間関係は相手のあることですので、自分で努力すれば何とかなるという問題ではありません。

1日(人生)の大半を過ごす場所が職場であることを思えば、例えばそれが単純に好き嫌いの問題であったとしても、改善の見込みがない環境にいるより辞めてしまった方がはるかに良い人生を送れます。

今すぐ辞めるなら退職代行サービスがおすすめ

看護師が即日で職場を退職する方法についてひと通り紹介してきましたが、今すぐ辞めたい!というあなたが確実に辞められる方法としておすすめしたいのが、退職代行サービスを利用することです。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

  • 会社を辞めたいけれど言えない…
  • ストレスが限界で会社を辞めたい…
  • パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。

Tsuyoshi
職場のストレスをたった今この瞬間に!一瞬でゼロにしてくれるサービスです!

退職代行の正しい選び方・ポイントとは?

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。

看護師におすすめの退職代行はどこ?

SARABA

看護師のあなたがストレスなく確実に辞められる業者!失敗しない退職代行サービスとして一番おすすめできるのは「退職代行SARABA(サラバ)です。

今、大きなストレスを抱えているあなたのために「退職代行SARABA(サラバ)」は力強い味方になってくれます。

以下で、退職代行主要10社を特に重要な【実績】【料金】【交渉力】という点で比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

第1位退職代行SARABA ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
第2位退職代行Jobs ◎ 27,000円+2,000円 ◎ 一般業者+労働組合
第3位退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業者
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業者
男の退職代行 ◎ 26,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業者

いかがでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)なら、サービス料金が業界最安級で、しかも労働組合による運営なので万が一の時も会社側と交渉が可能、実績も申し分のないということがおわかりいただけたと思います。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついていますので安心ですね。

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

看護師を辞めたくなる理由

看護師を辞めたいと感じてしまう理由には人それぞれに事情がありますが代表的な所をあげると以下の通りです。

【看護師を辞めたくなる理由】

  1. 職場の人間関係
  2. 激務による疲労やストレスの蓄積
  3. 給料が安い
  4. 看護師に向いていない

看護師ならではの理由というよりも、どの職場にも言える普遍的な理由で「辞めたい」と感じていることがわかります。

いずれにしても「辞めたい」と強く感じているのなら、素直に自分の気持ちと向き合うことが大切だと思います。

看護師は国家資格なので辞めるのはもったいないと悩んでいる方も多いと思いますが、幸い看護師の資格に有効期限はありませんし、一度辞めてもその気さえあれば復帰も可能です。

「今」を大切にした方が絶対に良いです。

辞めたいのに辞められない3つのケースと対処法

看護師が退職になかなか踏み出せないのは主に3つのケースがあるようです。

【辞めたいのに辞められない3つのケース】

  1. お礼奉公中で奨学金が残っている
  2. 辞めたいと上司に言えない
  3. 家族の引き留めがある

お礼奉公中で奨学金が残っている

お礼奉公中なので辞められないと悩む方が多くいますが、結論から言えば、お礼奉公中でも辞めることは可能です。

しかし奨学金の返済は必要ですので、ある程度の蓄えを準備しておくか、一括での返済が難しい場合には分割返済を交渉しましょう。

看護師の仕事そのものが嫌になったのでなければ「奨学金立替制度」のある病院への転職するという方法も良いでしょう。

辞めたいと言えない

現場が忙しくて退職を伝えるタイミングを逃したり、上司が怖くて言いづらかったり、「辞めたい」というたった4文字の言葉を切り出すのが本当に難しいんですよね。

悩んでいる時間がもったいなですから、そんな時は迷わず退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスとは?

家族の引き留めがある

せっかく取得した看護師資格ですし、「辞めるのはもったいない」と家族が考えるのも無理はありません。

しかし家族だからこそ、あなたの気持ちもわかってくれるはずです。

今の現状と今後のビジョンをしっかり話すことで家族の理解を得て、スッキリとした気持ちで新しい人生に踏み出しましょう!

まとめ:人生を自分らしく生きるために転職しよう

看護師の仕事を続けることに迷っていたり、看護師は続けたいけれど今の職場はムリかも…と悩みながらも

「今すぐにでも辞めてしまいたけれど言えない」

「せっかくの国家資格が無駄になる?」

「親が許してくれない」

など人それぞれに様々なハードルはあると思います。

しかし自分の人生の舵は自分で切りたいですよね。

退職代行サービスを利用すれば、少なくても「辞めたいけれど辞めれない」「辞めたいと言いづらい」という退職にまつわるハードルは簡単に乗り越えられます。

「辞めない理由」探しに時間を費やすのは本当にもったいないです。

ためらっているうちに人生は刻々と過ぎ、過ぎ去っていった時間は二度と戻ってきません。

「今」そして一度きりしかない「人生」の大切さを思えば「退職するしかない」そう感じると思います。

退職代行SARABA(サラバ)なら、転職の無料サーポートもついています。

24時間365日、相談無料ですから、まずはLINE登録して相談だけでもしてみてください。

あなたがあなたらしくイキイキと仕事ができる環境は案外すぐに見つかるかもしれません。

\転職無料サポート付き/