【退職代行】親にバレるのが心配!親バレのパターンと防ぐ方法を紹介

今回の記事では

退職代行って親にバレたりしませんか?
新卒ですぐの退職なので、家族に連絡されたら困るんです。。。
といった悩みから、退職代行サービスを利用したいのに踏み切れないという方の不安や疑問にお答えします。
さらに
・親バレするパターン
・バレないための方法
・親バレしない退職代行の選び方
・おすすめの退職代行サービス
についても解説していきます。
Tsuyoshi
  • 誰だって家族に余計な心配はかけたくないものですよね
そんな優しいあなた、絶対に親にはバレたくないと思っているあなたはぜひ参考にしてください。

退職代行を利用しても基本的に親にはバレない

実家に連絡が来て会社を辞めたことがバレるのではないかと不安になり、退職代行の利用をためらっている方って多いですよね。

しかし、結論から先に言うと退職代行サービスを利用したからといって親にバレてしまうなんてことはほとんどありません。

詳しくみていきましょう。

退職代行業者が情報を漏らすことはない

退職代行業者を使っても、基本的に親にバレてしまうことはありません。

辞めた会社とのやり取りはすべて退職代行サービスが行なってくれるので、もし会社があなたとどうしても連絡を取らなければならない理由があったとしても、すべて退職代行業者が仲介してくれます。

あなた(親も)が会社と直接やり取りすることは何もありません。

仮に、親に電話や連絡が来てバレてしまうことがあるとすれば、それは退職代行業者ではなく辞めた会社から親に電話がいく場合に限られますが、その可能性はほとんどゼロで心配する必要はありません。

親バレの可能性を運営会社に聞いてみた

このように退職代行サービスを使って、親や家族に退職がバレてしまう可能性はほとんどありません。

念のため退職代行サービスの運営会社にも聞いてみましたが、各社ともおおむね「心配はない」との回答でした。

退職代行サービス 親バレについての回答
退職代行SARABA(サラバ) ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。しかし、これまた同じく100%連絡がこないようにするのは難しいです。
退職代行ニコイチ ご安心ください、当社にご依頼をされる方のほとんどが自分に電話がこないようにして欲しい!実家や緊急連絡先に連絡がいかないようにして欲しい!家に来ないようにして欲しい!と要望されますので、対応可能です。しかし、履歴書に連絡先を記入されている場合は担当者の方が間違えて連絡をしてしまうこともありますから100%防ぐことはできません、多少のリスクはご了承ください。
退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行Jobs(ジョブズ)よりご本人様の希望をしっかりお伝えしますので、ほとんどの場合、会社から親に連絡がいくことはございません。
男の退職代行 ご本人への連絡と同様ですが、会社側にはご両親へ連絡しないようにお伝えしますので連絡されることはほとんどありません。
ただし、確実にそうしてもらえるかは会社側の判断になりますので、お約束できない点はご了承ください。
弁護士法人みやび 会社側への通達時に、ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようお伝えお伝えしています。しかし、稀に会社からご本人の両親に連絡がいくケースがあります。
退職代行ガーディアン ご安心ください。皆様同じようにご心配されるところです。ご本人への連絡と同様、実家や緊急連絡先には連絡しないように伝えますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。 ただし、こちらも同様で絶対に実家や緊急連絡先に連絡がいかないというお約束は出来ません。
退職代行サービスのNEXT ご家族へ連絡しないようお伝えいたしますので、その旨を担当者へお申し出ください。ただし、企業への強制力はないため、絶対に連絡が行かないというお約束はできません。
退職代行EXIT(イグジット) ご本人への連絡と同様、ご両親には連絡しないようにお伝えいたしますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。
ただし、絶対に親に連絡がいかないというお約束は出来ません。

100%とは言えないまでも、退職代行サービスを利用して親にバレてしまうことは、ほとんどあり得ず心配はないことがわかりました。

実績数が多く、安心して任せられる業者を選べば不安なく退職できるでしょう。

親バレする8つのケースとは

退職したことが親にバレるケースはほとんどないのですが、いくつか注意しておいた方が良い場合があります。

【親バレする8つのケース】

  1. 退職した会社と親につながりがある
  2. 離職票が送られてくる
  3. 国民健康保険の請求書が届く
  4. 緊急の連絡がある
  5. 会社からの嫌がらせ・報復
  6. 転職先が親へ連絡
  7. ウッカリ間違って連絡してしまう
  8. 会社との金銭トラブルがある

代表的な8つのケースを紹介していきます。

①退職した会社と親につながりがある

ほとんどあり得ないことですが、「上司と親が仲が良い」とか「会社と親が勤める会社で取引がある」といった場合、親に連絡が入る可能性があります。

心当たりがなければ全く心配ありませんのでスルーして大丈夫です。

②離職票が送られてくる

退職すると、失業保険の受け取りに必要な「離職票」が送られてきます。

一人暮らしなら問題はありませんが、あなたが親と同居している場合、自分よりも先に親の目に止まる可能性があります。

退職代行業者を通じて退職関連の書類は近隣の郵便局留めにしておくと良いですね。

③国民健康保険の請求書が届く

退職すると、社会保険から国民健康保険に自動で切り替わるため、その通知書類(請求書)が送られてきます。

国民健康保険の支払い通知書は、世帯主宛に届きます。

あなたがもし実家暮らしなら、ほとんどの確率で両親が世帯主になっているはずですので、ここから退職がバレてしまいます。

この場合、事前に世帯を分離してあなた自身が世帯主となり、公的書類があなた宛に届くようしておくことで対処可能です。

④緊急の連絡がある

業務に関するものや退職に必要な情報で緊急性の高い連絡がある場合、会社側は退職代行業者を通じてあなたと連絡を取ろうとします。

しかし、ここであなたと連絡がつかなかった場合、やむを得ず親に連絡してくる可能性があります。

こうならないためにも、業者からの連絡には素早く対応できるようにしておくことが大切です。

⑤会社からの嫌がらせ・報復

会社が嫌がらせで親に連絡するケースです。

これは非常にレアなケースでまずあり得ないのですが、あなたが辞めたい会社がこのようなケースに当てはまるなら、辞めて正解!あなたの選択が正しい証拠です。

⑥転職先が親へ連絡

転職先に入社する際、身元保証人に親の連絡先を記入すると何かあった場合に親に連絡がいく可能性があります。

無断欠勤などが続き、安否確認などの必要があるときに電話されることもありますが、通常は身元保証人に連絡が行くことは考えにくいので心配はいりません。

⑦ウッカリ間違って連絡してしまう

これも通常はあり得ませんが、人事部の連絡ミス等があり、退職代行業者を通さず実家に連絡が来てしまうケースです。

まあ、ほぼあり得ませんので心配しなくて大丈夫です。

⑧会社との金銭トラブルがある

会社に借金していたり、または未払いの給与があったり、あなたと会社との間に金銭トラブルがある場合、返済や支払いなどの交渉が必要になり親まで連絡がいく可能性があります。

なお金銭に関するトラブルなどの交渉は一般の退職代行業者では法律違反になります。

しっかりと交渉してもらえる労働組合の退職代行業者か弁護士に依頼しておくと安心ですね。

親バレしない4つの方法

会社が親に連絡を入れることは非常に稀ですが、不安要素をできる限り無くしておきたい方は、これから紹介する4つの方法が有効です。

【親にバレないための4つ方法】

  • 親に連絡しないように念押ししてもらう
  • 退職代行業者からの連絡には素早く対応する
  • 会社の電話番号を着信拒否にする
  • 信頼のおける退職代行サービスに依頼する

 親に連絡しないように念押ししてもらう

退職代行サービスに親に連絡しないことを強く伝えてもらいましょう。

実績の多い信頼のおける業者なら、このあたりは基本業務としてきっちりと対応してくれます。

退職代行業者からの連絡には素早く対応する

退職を進めるために、退職代行業者を通じて会社から連絡が来ることがあります。

返事が遅かったり、所在が確認できなかったりすると、親に連絡が行ってしまいますので、会社からの連絡にはすぐに返事をするようにしましょう。

会社の電話番号を着信拒否にする

会社の電話番号や上司、人事部など電話をかけてきそうな番号を全て着信拒否にしておくと安心です。

親と別居している場合には、なんとか理由をつけて「知らない番号からの電話には出ないで」と伝えることができると良いでしょう。

信頼のおける退職代行サービスに依頼する

一番おすすめで、もっとも安心な方法が、実績のあるしっかりとした退職代行サービスに依頼することです。

豊富な実績を持つ業者なら、トラブルを未然に防ぐノウハウも蓄積してますので「親に電話や連絡がいってしまう」という可能性を潰すことができます。

業者選びに迷うならSARABAがおすすめ

SARABA

絶対に親バレしたくないと言う方は、慎重に退職代行サービスを選ぶことが大切です。

以下で詳しく解説しますが、あらゆる面で最もおすすめなのは、退職代行SARABA(サラバ)です。

親バレせずに退職代行を利用したいけれど業者が多過ぎて迷っているという方は、SARABAを選べば間違いありません。

 業者選びのポイントとは?

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。

一番おすすめは【退職代行SARABA( サラバ)】

当サイトが一番おすすめするのは退職代行SARABA(サラバ)です。

先に紹介した退職代行選びの5つのチェックポイント全ての面いおいて優れています。

以下で特に重要な【実績】【料金】【交渉力】について比較してみますね。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ◎ 27,000円+2,000円 ◎ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

いかがでしょうか?

この比較表からも「退職代行SARABA(サラバ)」がいかに優れているかお分かりいただけると思います。

サービス料金は業界最安級ですし、それでいて労働組合による運営なので退職金や有給休暇の取得など会社側との交渉もお任せできていざという時にも安心です。

さらに退職後の転職についても無料でサポートしてくれますので至れり尽くせりです。

無料相談の受付は24時間365日対応ですので、LINE登録して今の悩みを相談してみると良いと思います。

\転職無料サポート付き/

退職代行サービス利用の流れ

退職代行サービスの流れはとてもシンプルで4つのステップで完了します。

面倒なことや難しいことは一切ありません。

【退職代行サービスの流れ】

  1. LINEで連絡・相談
  2. 納得したら料金を支払う(=申し込み)
  3. 担当者と打ち合わせ
  4. 退職完了を待つ

STEP①LINEで連絡・相談

まずは、LINE(メール・電話も可)で連絡し悩みや現状を相談します。

  • 今すぐ辞めたい
  • 退職金もしっかりもらいたい
  • 有給休暇を消化したい
  • 家族や親には内緒で。。。

など何でも相談OKです。

基本的に相談だけであれば無料ですから気軽にLINE登録して大丈夫です。


STEP②料金を支払う=申し込み

相談して心が決まったら料金を支払います(クレジットカード、銀行振込)。

支払い=申し込み完了となります。


STEP③担当者と打ち合わせ

申し込みが完了した後は、担当者と簡単な打ち合わせをします。

電話での打ち合わせでも良いですし、申し込むと送られてくるヒアリングシートに必要事項を書き込み返信してもOKです。

業者によっては申し込み当日に退職代行を実行してくれます。


STEP④退職完了を待つ

後は、退職が完了するとLINEに連絡が来ますので待ちましょう。

退職後の処理についてもスタッフから具体的に指示がありますので、言われた通りにすれば問題ありません。


結論:親バレが心配なら退職代行サラバを選んで正解!

これまで述べてきたとおり、退職代行サービスを使って会社を辞めて「親に連絡が行く」可能性はとても低いです。

しかしながら可能性がゼロではない以上、「もしかしたら…」と不安に思う気持ちも理解できます。

そんな時は、出来るだけ実績が豊富で信頼のおける退職代行サービスに依頼することで心配な要素をなくすことができます。

  • 実績が豊富(15,000件以上)※2021年3月時点
  • サービス料金が良心的(業界最安値級)
  • いざという時に交渉権があり会社と話し合いが可能(労働組合運営)

この3つの条件を兼ね備えており、総合的に安心して任せられる業者は退職代行SARABA(サラバ)だけです。

退職代行を利用して会社を辞めたいけれど「親バレしないだろうか?」と悩み、退職に踏み出せない方にとってまさに利用すべき安心の退職代行サービスです。

退職代行SARABA(サラバ)なら、退職後の転職無料サーポートもついています。

24時間365日、相談無料ですから、まずはLINE登録して相談だけでもしてみてください。

\転職無料サポート付き/