仕事の代わりがいないから休めない?ブラック状態から抜け出す唯一の方法

自分の代わりがいなので仕事を休めないんです。。
こんなふうに悩みストレスを抱えている方は非常に多いです。
Tsuyoshi
プロジェクトなど一過性のものではなく、普段の通常業務で代わりがいなくて休めないのは問題ですよね。定年までその状態が続く可能性もあります。
そこで今回の記事では、
・仕事の代わりがいなくても休む方法
・代わりがいなくても休んで良い理由
・「代わりがいない、休めない」ブラック状態を抜け出す方法
について解説していきます。
毎日毎日、仕事に追われ疲労もピークに達しているのに「代わりがいないから休みが取れない」とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

仕事の代わりがいなくても休む方法

ここでは「仕事の代わりがいなくて休めない」というあなたにおすすめの休み方を紹介します。

「あなたに代わって業務を引き継げる人がいない」「そのため休むことができない」という状態は会社側にとって早急に改善しなければならない課題です。

様々な事情があるとは思いますが、人員配置などのマネジメントが上手くいってないことは確かで、全ての責任は会社側にあると言って良いです。

あなたには全く責任がありませんし、当たり前ですが、あなたには休む権利があるのです。

仮病OK!とにかく有給休暇をとる

先にも述べましたが、仕事の代わりがいないことが理由であなたが休めないというのは会社の責任であり課題です。

周囲の反応がどうであろうと、上司から何を言われようと気にせず、何がなんでも有給休暇をとって休みましょう!

この際、仮病を使っても大丈夫です。

今の状態が続けば、本当に病気になってしまう可能性だってありますから。

とにかく今は休むことに全力を尽くすべきです。

会社側に相談する

会社の上司や人事部に現状を思い切って相談してみるのも良い方法です。

あなたが声をあげることで、会社側がことの重大性に気づき、職場の労働環境を改善する方向に動いてくれるキッカケとなるかもしれません。

Tsuyoshi
気の合う同僚に話を聞いてもらうのも良いかも!強い味方になってくれそうです。

この時のポイントとしては、「休めない不満」をぶつけるのではなく、「会社の将来を思って提案」するというスタンスで相談するのが良いでしょう。

そうすれば会社側の対応をしっかりと見ることができますし、転職などあなたの今後の身の振り方の参考にもなるはずです。

代わりがいなくても休んで良い理由と休まないリスク

あなたの仕事に代わりがいなくても休んで良い理由、そして休まなかった場合のリスクについて解説します。

仕事の代わりがいなくても休んで良い理由と休まないリスク
・健康を害する可能性がある
・精神を病む可能性がある
・あなたがいなくても会社は回らなくてはいけない
・他の誰でもないあなた自身を優先すべき

詳しくみていきましょう。

健康を害する可能性がある

「仕事の代わりがいないから休めない」という状態はいったいいつまで続くのでしょうか?

あなたはいつまでそんな状態に耐えられるのですか?

あなたが気づかないだけで、身体はとっくに悲鳴をあげているのかもしれません。

あなたが健康を害してしまっては元も子もないのです。

精神を病んでしまう可能性がある

仕事を休むことができない劣悪な環境にいると、あなたの身体だけではなく心にもダメージが蓄積されていきます。

多忙な毎日はストレスを溜め込む原因となり、ピリピリとした雰囲気を職場にもたらし、人間関係もギスギスしたものとなります。

こうなるとあなたの精神状態は不安定となり、心が壊れてしまう可能性も出てきます。

一度精神を病んでしまうと、回復するまでに多くの時間を要することになります。

専門の医療機関での治療、カウンセリングがなどが必要となり仕事どころではなくなってしまいます。

取り返しのつかないことになる前に「休む」ことが大切なのです。

あなたがいなくても会社は回らなくてはいけない

あなたが休んでも会社は回らなくてはいけないのです。

誰か一人かけることで仕事が回らないような会社なら、おそらく生き残ることは難しいでしょう。

何度も述べていますが、仕事の代わりがいないという理由で、一人に負担がかかり休むこともままならない状態になるのは会社のマネジメントミスです。

一従業員であるあなたは堂々と休んで良いのです。

他の誰でもないあなた自身を優先すべき

「仕事の代わりがいないから休まない」これは会社側にとってもとても好都合なことかもしれません。

でもあなた自身の気持ち、人生ははどうなりますか?

自分の気持ち、人生を犠牲にしてまでも尽くす価値のある職場なのですか?

正当な権利である「休み」(本当はそれほど大袈裟なことでもないのですが。。。)を取ることに躊躇するような会社に気兼ねして生きていくよりも、あなた自身の気持ちを優先してください。

代わりがいなくて休めないのはブラック紙一重

「休みが取れない」または「休みを取りづらい」会社はいわゆるブラック企業と紙一重でその予備軍といって良いでしょう。

Tsuyoshi
僕もかつて勤めていた会社(ブラック)で約2年間休みのない状態が続きました。「辛い」が実感できなくなるほど麻痺して危険な状態でしたね。。。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業に勤めている(真っ只中にいる)と、案外自分がいる職場がブラックであることに気づかないことも多いです。

しかし、それは本人の感覚が麻痺してしまっているだけで、客観的に見れば明らかに「超絶ブラック」だったりします。

あなたが今いる職場がブラックかどうかの見分け方、基準を自分なりに持つことで自身を守ることができます

以下の特徴を参考にしてください。

【ブラック企業の代表的な特徴】

  1. 異常な労働時間(長時間残業・休日出勤)
  2. 有給休暇を取得できない
  3. 相応の給料がもらえない(低賃金)
  4. 離職率が高く、人の入れ替わりが激しい
  5. ハラスメントの横行

このような状況が該当するようであれば、あなたの職場はブラック状態と言って間違いありませんので、「会社を休む」ことよりも「会社を今すぐ辞める」ことを検討すべきです。

しかしながら、あなたがブラックな会社にお勤めの場合には、辞めたくても言えないという状況かもしれません。

その時は急いで「退職を言い出せない時に利用すべき退職代行とは」をご覧ください。

代わりがいなくて休めない会社に未来はない

仕事の代わりがいなくて休めない。最後に休んだのはいつだったかな〜?
今のあなたも、こんなふうにブラックな職場、労働環境に慣れ過ぎて麻痺してはいませんか?
こんな会社は早晩潰れてしまう運命にあり未来があるとは思えません。
自分が巻き込まれないうちに早めに転職するなど手を打つことが大切です。
Tsuyoshi
僕が約2年間休むことができなかった会社(超絶ブラック)は、今は操業停止状態です。あのまま残っていたら大変なことになってました。

\転職無料サポート付き/

ブラック状態から抜け出す唯一つの方法

即日で退職する方法

「仕事の代わりがいなくて休めない」と悩んでいる方が、そんなブラックな状態から抜け出す唯一の方法は、勇気を出して会社を辞めることです。

とはいえ、「仕事を休む」ことすら言えない状態の人が「退職を伝える」のは非常に大変なことだと思いますので以下で詳しく解説していきます。

退職する以外に抜け出す方法はない

繰り返しになりますが、まず結論から言えば「退職する以外にブラック状態から抜け出す方法なない」ということです。

何故なら、あなたが「誰か代わりを見つけてください」とか「休ませてください」と会社にお願いしたところで状況が変わるとは思えないからです。

仮に一回お休みを貰えたとしても、その時だけでまた元に戻ってしまう可能性の方が高いでしょう。

個人で会社に改善を求めても組織を変えられるほどの力はありません。

必要以上にエネルギーを消耗してしまうよりも、さっさと会社を辞めてしまうことをおすすめします。

仕事環境を変えるのは難しい

職場の環境というのは個人の力ではどうにもならないことが多いです。

「休みたくても代わりがいないので休めない」状況を会社はわかっていて放置しているはずです。

そんな組織を変えようとしても難しいですし、会社に期待しても無駄なので、自分から変わる(退職)ことの方がよっぽど早いし楽です。

さっと退職を決断し、別の環境で新しいチャンスを掴みましょう。

\転職無料サポート付き/

退職を言い出せない時に利用すべき退職代行とは

仕事の代わりがいなくて休めないし、もう辞めたいけれど言えないし。。。

という人、かなり多いですよね。

「休ませてください」ということさえ難しい中で、「退職」を切り出すのは高すぎるハードルと言えるのではないでしょうか。

会社を辞めたくても辞められない、言えない時は、退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行とは?

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

・仕事の代わりがいなくて休みもない職場を辞めたい!でも言い出せない…

・ストレスがもう限界で会社を辞めたい…

・パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。


退職代行の正しい選び方・ポイントとは?

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。

退職代行はどこが良い?

SARABA

一番おすすめできるのは「退職代行SARABA(サラバ)です。

「仕事の代わりがいないために休めない」そんな状況からあなたが今すぐ抜け出すために「退職代行SARABA(サラバ)」は力強い味方になってくれます。

以下で、退職代行主要10社を特に重要な【実績】【料金】【交渉力】という点で比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ○ 27,000円+2,000円 ○ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

いかがでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)なら、サービス料金が業界最安級で、しかも労働組合による運営なので万が一の時も会社側と交渉が可能、実績も申し分のないということがおわかりいただけたと思います。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついていますので安心ですね。

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

仕事の代わりがいない原因

そもそもあなたの職場では何故あなたの代わりがいないのでしょうか?

  • 慢性的な人手不足
  • 業務が属人化している

仕事の代わりがいないために休めないのは、この2点が原因と考えられます。

詳しく見ていきます。

慢性的な人手不足

会社が常に人手が足りていない状況です。

このような状況になってしまうことにも原因があります。

【慢性的な人手不足を招く原因】

  1. 現場を理解していない経営陣のマネジメント(人員配置)ミス
  2. 社員を募集しても集まらない/増えない
  3. 入社してもすぐに辞めていく
  4. 会社の利益が少ないため新しい社員を採用することができない

どの原因を見ても、あなたがどうにかできるような問題ではないことがわかると思います。

Tsuyoshi
手の打ちようがない、対処の仕様がない問題はストレスが溜まる一方です。。。
関連記事

仕事を辞めたくても辞められないという状況は本当に辛いものです。 人手も不足しているし、今辞めたらみんなが困るよね。。。 このように自分自身の「辛い」気持ちよりも同僚などへの「気遣い」を優先している方も多いのではないで[…]

業務が属人化している

これも会社側のマネジメントがうまくいっていない典型です。

自分の仕事、代われる人はいないし、逆に自分も他の人の仕事ができないんですよね。。。
特定の社員が行っている業務や仕事の進め方が当人以外にわからない状態です。
このような状況に陥ると、「休みを取ること=仕事が溜まること」となり「休んでも「自分の首を絞めてしまうだけ」状態という悪循環を招きます。

代わりがいない休めない会社は早く辞めた方が良い(結論)

ジャンプ
仕事を休めないという状態は異常なことです。
「代わりに出来る人がいない」という理由であなたが休めないのだとしたら、そんな会社は今すぐ辞めてしまった方が良いです。
どのみちこれから生き残ってゆく会社ではないのですから。
時は過ぎるばかりです。
ズルズルと嫌な日常を引きずっていくとあっという間に3年、5年、10年と経ってしまい、気づいた時には転職のチャンスすら無くなってしまうこともあります。
人は何か行動を起こして後悔するより、やらない後悔の方が本当の意味で悔やまれるといいます。
今、勇気を持って行動を起こす(退職する)こと、それがあなたの現状、そして未来を変える第一歩になるのだと思います。
退職代行サービスを利用することで退職にかかる連絡、面倒な諸手続きをする必要が無くなります。
退職代行SARABA(サラバ)なら無料の転職サポートもついてますので、再就職への心配もなく今すぐ辞めることができます。

LINEでの無料相談(24時間365日対応)は回数無制限ですので、退職するかどうかも含めて今の現状を相談してみてはいかがでしょう。

\転職無料サポート付き/