新卒が退職を言いづらい理由と対処法|退職のメリットデメリット紹介

新卒だし退職についてどうしても言い出せなくて。。。
「会社を辞めたい」「退職したい」を伝えることってものすごくエネルギーの要ることですし、できればサラっと終わらせたいな〜と思うのではないでしょうか。
Tsuyoshi
特に就職したばかりだと本当に言い出しにくいですよね。
そこでこの記事では、
・新卒が退職を言いづらい理由
・新卒が退職を言いづらい時の対処法
・どうしても言えない時の解決策
を詳しく解説していきます。
また、新卒で退職する際のメリット、デメリットについても紹介していきますので、「新卒だから退職が言いづらい」とお悩みの方は新しい一歩を踏み出すための参考にしていただければと思います。

新卒が退職を言いづらい理由

仕事を辞めたいと思っている人にとって「退職が言いづらい」「辞めると言い出しくい」というのは悩みは年齢や職種を問わず共通しています。

特に就職したばかりだと仕事を辞めたくても中々言い出せないものです。

新卒の方が退職を言いづらい理由は、主に下の6つに別れます。

【新卒が退職を言いづらい理由】

  1. 新卒で本当に退職して良いのか不安
  2. 入社したばかりで気まずい
  3. 教育係などお世話になった人に申し訳ない
  4. 退職を伝えた後が気まずい
  5. そもそも言いづらい雰囲気の職場
  6. 話の進め方がわからない(退職経験がない)
詳しくみていきましょう。

理由①新卒で本当に退職して良いのか不安

「新卒で本当に退職してしまって良いのだろうか?」と不安に思ってしまう方も多いようです。

かと言って、このまま今の職場に残っていたら自分はどうなってしまうのか、、、などと迷いの袋小路に入ってしまうこともしばしば。

Tsuyoshi
自分の甘えでは?と考えてしまう真面目な方に多いようですね。
しかし厚生労働省の発表によれば、実際には就職1年目の10人に1人以上が退職していますのでそれほど珍しいことではありません。
【新卒就業者の離職率】
1年目 2年目 3年目
中学卒 36.5% 14.7% 8.5%
高校卒 17.2% 12.3% 10.0%
短大卒 17.7% 13.3% 12.0%
大学卒 11.6% 11.4% 9.9%

厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000689563.pdf

理由②入社したばかりで気まずい

入社したばかりなので気まずいという理由も多いです。

日本では「中途退職」に対するネガティブなイメージが未だ根強く残っているのも確かで、右も左もわからない状態で辞めるということに後ろめたさがあるからでしょう。

しかし、新卒の1割以上が1年未満で辞めていく「昨今の現状」を知れば、あまり深く考えなくても良いことですよね。

理由③教育係などお世話になった人に申し訳ない

上司や先輩が大っ嫌いな人達だったら、どんなに楽だろうと思いますよね。

あなたのためを思って一生懸命に指導してくれた上司や先輩に申し訳が立たないという理由で退職が言い出しづらいという方も多いです。

しかし上司や先輩が本当に「あなたのことを思って指導してくれたのか?」となれば話は別で、「それが仕事だから」というところが実際のところでしょう。

タイミングをみて感謝の気持ちを伝えることができれば、それに越したことはありませんが、仮に機会がなくても深刻に考えなくて良いでしょう。

Tsuyoshi
あなたが本当に恩義を感じている方なら、長い人生のどこかで、何らかの形で恩返しすれば良いと思います!

理由④退職を伝えた後が気まずそう

上司に辞めることを伝えた後、どんな顔をして退職まで接すれば良いのだろう?と悩む方も多いです。

「退職するまでの気まずさ」を経験することを今後の肥やしとするしかなさそうです。

Tsuyoshi
実際には、上司や先輩は忙しいですし、それほど気まずいと感じていないかもしれません。

どうしても退職を伝えた後の気まずさに耐えられないという方は、退職代行サービスを利用することで解決できますので検討してみてください。

理由⑤そもそも言いづらい雰囲気の職場

そもそも職場の人間関係が悪く、「退職」に限らず仕事上の悩み全般について相談できる雰囲気が全くない職場である場合も言い出しにくいですよね。

極端な例では「上司が怖くて言えない」「辞めるなんて言い出したら何を言われるかわからない。」などパワハラと疑われてもおかしくないこともあります。

Tsuyoshi
パワハラは犯罪です。言いづらければ言わなくても良いです。とにかく早く逃げることが大事ですね!
ハラスメントなどが横行する職場で、上司とまともに話せる状況にない方は退職代行サービスの利用をおすすめします。

話しの進め方がわからない(退職経験がない)

会社を辞めるという経験がないため、誰に何をどう話し、どのように事を進めていけば良いのかわからないという悩みです。

上司や先輩に相談できれば良いのですが、そもそもそれができないから「言いづらい」という状況になるわけです。

ある意味では人間関係の問題とも言えますね。

パワハラやセクハラなどハラスメントが横行していたり、ストレス状況がかなり深刻な場合には自力で退職を進めることは難しいと思いますので退職代行サービスの利用を検討しましょう。

新卒で退職を言いづらい時の対処法

誰であっても退職は言いづらいものでできればサラッと済ませたいものです。

新卒であればなおさら気まずさを感じてしまうことと思いますが、辞めるためには「退職の意思を伝える」ことは避けては通れない必須事項です。

そこで、以下では「退職を言いづらい」時の対処法について解説していきます。

【新卒で退職を言いづらい時の対処法】

  1. 退職したい理由を明確にする
  2. 退職日までスケジュール化し事務的に進める
  3. 転職先を先に決める
  4. バックレは絶対NG!

退職したい理由を明確にする

退職したい理由を自分自身でもう一度確認する作業が大切です。

上司に退職を相談すれば必ず一度は引き止められることになりますが、その時に心が揺らいだり、弱気になってしまうと、ますます「辞めます」とは言えなくなってしまいます。

退職したい理由、職場であった嫌なことを整理しノートに書き出してみるのも良いでしょう。

退職日までスケジュール化し事務的に進める

いつ退職するかを決め、そこから逆算していつ頃上司に相談するか、引き継ぎはどうするか等々、全てをスケジュール化し事務的に進めていく方法です。

上司や同僚から何を言われようが、情に流されずロボットのようにスケジュールをこなしていきます。

Tsuyoshi
鋼鉄の精神が必要で、性格的に優しい人には向かないかもしれませんね。。

この時、退職日までできれば2ヶ月、急ぎでも1ヶ月程度はみてスケジュール化すると良いでしょう。

転職先を先に決める

転職先を先に決めてしまうことも「退職が言いづらい」を克服するのに良い方法です。

新しい職場の入社日を決定して、後には引けない状態を作ることで引き止められることもなくなります。

できるだけ円満に退社するために、退職日まで2ヶ月、最低でも1ヶ月程度みておくことが理想です。

バックレは絶対NG!

「退職が言いづらい」時に注意したいのが無断で会社に行かなくなること、いわゆるバックレです。

あなたがどんなに辛い思いをしていたとしても、バックレることだけは絶対にNGです。

無断で辞めることは大きなトラブルを招き、あなたの将来にも不利益しかありません。

退職を伝える手立ては他にいくらでもありますので、とにかくバックレることだけは避けるようにしてください。

関連記事

「会社に無断で仕事を辞めることはできるの?」こんな疑問をもった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか? 「仕事、バックレちゃおうかな?」こう考える場面って結構多かったりしますよね? そこで本記事では、 ・仕事を無断で辞[…]

逃げる

どうしても言いづらい場合は退職代行を利用する

会社を辞めたいけれどどうしても言えないという時に一番おすすめなのは、退職代行サービスを利用することです。

Tsuyoshi
もしもパワハラ等で退職を言い出せない時は、今すぐ退職代行を利用することをおすすめします!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

  • 会社を辞めたいけれど言えない…
  • ストレスが限界で会社を辞めたい…
  • パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。

退職代行を利用した方が良いケース

辞めたいと言えない時の救いの神となる退職代行サービスですが、あなたの状況が以下のケースに当てはまる場合には今すぐ退職代行に相談しましょう。

  • 後任が見つかるまで辞めてはダメと言われる
  • 今辞めれば給料、有給も出さないと脅されている
  • 損害賠償を請求すると脅されている
  • 流される(そもそも話を聞いてもらえない、無視される)
Tsuyoshi
かなり悪質な例ですが、これでは自力での退職はかなり難しいと思います。

新卒で退職を言いづらい人におすすめの退職代行

SARABA

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって便利で最高なサービスである反面、デリケートな問題を扱うため、うっかり業者選びを間違えると退職失敗などトラブルの元になってしまうこともあります。

下記のチェックポイントをしっかりと確認し業者を選ぶことが大切です。

退職代行選びのチェックポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業社は法律違反となりますので注意が必要です。

一番におすすめできるのは退職代行SARABA(サラバ)です。

新卒で仕事を辞めたいけれど言いづらいとお悩みの方には本当に心強い味方になってくれます。

以下で業者選びで特に重要な【実績】【料金】【交渉力】について主要10社を比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ○ 27,000円+2,000円 ○ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

この比較表からも退職代行SARABA(サラバ)がいかに優れているかお分かりいただけると思います。

料金は業界最安級ですし、労働組合運営なので退職金や有給の取得など、いざという時には会社と交渉してくれるので本当に頼りになります。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついてますので安心ですね。

24時間365日いつでも相談(無料)可能であなたにしっかりと寄り添い丁寧に対応してくれます。

公式サイトで今すぐLINE登録しあなたの悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

新卒で退職するメリット

Merit

「石の上にも3年…」など何かとネガティブなイメージが先行しますが、新卒で退職することにメリットもあります。

【新卒で退職するメリット】

  1. 今の悩みから解放される
  2. 自分と真剣に向き合える
  3. 自分に合った仕事に就ける
  4. 引き継ぎが楽

詳しくみていきます。

今の悩みから解放される

新卒で退職する時の何よりも大きなメリットと言えるのが「今の悩みから解放される」ことです。

「辞めたいのに言えない、言いづらい」と悩み続けることは、あなたにとってプラスになることは何一つないと言って良いでしょう。

仕事に対するモチベーションは下がる一方ですし、悩み続けることで健康を害してしまうことだってあります。

自分と真剣に向き合える

仕事を辞める決心をし実際に退職するという経験は精神的にキツい部分もありますが、自分の気持ちとじっくり向き合える貴重な経験でもあります。

一体自分は何について悩んでいるのか、何が嫌なのか、何を望んでいるのか、、、そんなことを真剣に考える機会はそうあるものではありません。

Tsuyoshi
新卒で退職に悩むことを前向きに捉えましょう!

自分に合った仕事に就ける

新卒で就職した先での経験、失敗、反省を転職先を選ぶ際に活かすことができます。

また第2新卒などと呼ばれたりしますが、比較的求人数も多く転職しやすいです。

場合によっては、学卒時に入社が叶わなかった第1希望の企業に再チャレンジすることもできますし、本当にやりたい仕事を追及できるチャンスにもなります。

引き継ぎが楽

新卒は担当する業務もそれほど多くありませんので、後任者への引き継ぎが楽です。

仕事が多岐に渡り、量も増えてくると引き継ぎ作業だけで数ヶ月ということもありえます。

引き継ぎ業務が簡単なうちの退職はそれだけでメリットがあります。

新卒で退職するデメリット

デメリット

嫌な仕事を一生続けていくことよりも大きなデメリットはないと思いますが、新卒で退職することのデメリットを敢えてあげるとすれば以下のことが考えられます。

【新卒で退職するデメリット】

  1. 失業保険がもらえない
  2. 長続きしない、すぐ辞めるというイメージを持たれる
  3. 転職するまでの経済的負担が大きい

失業保険がもらえない

継続しての勤務が1年に満たない場合、失業保険(失業給付金)を受給することができません。

離職の日以前2年間に、「被保険者期間」が通算して12か月以上あること

ハローワーク:https://www.hellowork.mhlw.go.jp/help/question05.html#f101

失業保険は直近の給与の50%〜80%の金額を90日間もらえるもので、「あと少しで勤務期間が1年になる」という場合には退職を少し先延ばしするのも手です。

Tsuyoshi
勤務期間が半年とか短い場合でも、今すぐ辞めたいという時は自分の気持ちを一番に考え退職した方が良いと思います。

長続きしない、すぐに辞めるというイメージを持たれる

あなたの退職理由が何であろうと、新卒で辞めた場合には「長続きしない人」「すぐに辞めてしまう人」というレッテルが貼られる可能性は高いです。

しかし、これは仕方のないことだと割り切り、働きやすい環境に移ってから偏見を取り除くしかありません。

ただし上述しましたが、今は新卒者の1割以上が就職1年未満で辞める時代ですし何の問題もありません。

転職するまでの経済的負担が大きい

新卒は失業保険がもらえず、また蓄えもそれほど多くはないので、どうしても次の就職先が決まるまでの経済的負担は大きくなってしまいます。

できるだけ早期に転職することで問題を解消できますが、この場合、転職までフォローしてくれる退職代行業者もありますので利用を検討してみるのも良いと思います

\転職無料サポート付き/

退職を言いづらい職場は長くいる場所ではない!(まとめ)

新卒で退職が言いづらい職場は新卒じゃなくても言い出しにくいと思います。

そもそも退職に限らず、悩みを相談できる職場環境なら「辞めたい」と思うこともないのかもしれません。

結局最後は人間関係の問題に行きついてしまいます。

人間関係は相手のあることで、自分一人でコントロールし解決できることではありません。

あなたが今いる職場は長くいられる場所ではないのだと思います。

新卒のタイミングでそのこと(辞めるべき職場)に気づいたことを前向きに捉えて、あなたが新しいスタートを切ることを応援します。

退職が言い出せなくて我慢し続けるよりも退職代行を利用することであなたの悩みが一気に解決できます。

退職代行SARABAなら無料の転職サポートもついていますので、LINEで悩みを相談(無料)してみてはいかがでしょうか。

\転職無料サポート付き/