新卒入社した会社がブラックだった?ブラック企業の判断基準と対処法

新卒で入社した先がブラックだったりすると、人生詰んだかな?と絶望感に打ちひしがれてしまいますよね。

新卒くん
入社3ヶ月。残業や休日出勤が当たり前で、うちの会社ブラックぽい。。。
新卒さん
やっとの思いでもらえた内定。いざ入社してみると毎日遅くまで残業で正直辛いです。でもこれって甘えなの?
こんな悩みや疑問をもつ新卒者も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、
  • 「新卒で入った会社がブラックだった」と判断して良い基準
  • 新卒で入社した会社がブラックだった時の対処法
  • ブラック企業を即日で辞める流れ
について解説していきます。

すでに限界という方はまずご自身を守ってください!

急いで退職代行を利用してください!

当サイトおすすめのランキングTOP3から選べば安心です!

第1位:退職代行SARABA(サラバ)

【完全合法!実績多数!転職サポート!全てコミコミ24,000円!】労働組合だから有給/残業代/未払い給与/退職金など会社と交渉可能!24時間対応!

第2位:退職代行Jobs( ジョブズ)

【弁護士監修なのに27,000円!引越し・転職サポートあり!】 退職後の無料心理カウンセリングなど利用者に寄り添うサービス!

第3位:退職代行ガーディアン

【労働組合が力強くバックアップ!】東京労働経済組合があなたの自由と人権を守る!追加料金なし29,800円!

「新卒で入った会社がブラックだった」と判断して良い基準

新卒の社会人1年生は仕事で経験すること全てが初めてのことなので、目の前で起きている現象が特殊なケースであることに気づけないことが多いです。
本当は会社がブラックで異常なのに、「社会人としてまだまだ未熟だから」と自分を追い込んでしまうこともしばしば。
こうならないためには、「新卒で入った会社がブラックだった」と判断して良い基準を明確にすることが大切です。
以下でブラック企業によくみられる特徴を挙げますので、あなたが入社した会社はどうなのか判断する際の参考にしてみてください。
【ブラック企業の代表的な特徴】
  1. 異常な労働時間(長時間残業・休日出勤)
  2. 有給休暇を取得できない
  3. 相応の給料がもらえない(低賃金)
  4. 離職率が高く、人の入れ替わりが激しい
  5. ハラスメントの横行

詳しくみていきます。

異常な労働時間(長時間残業・休日出勤)

ブラック企業では、長時間にわたる残業や休日出勤など異常な労働時間が「異常と感じることができない」ほど常態化していることが多いです。
労働基準法により、労働時間は原則として1日に8時間・1週間に40時間を超えてはならず、超える場合には労使間でサブロク協定(36協定)を締結する必要があります。
しかし、ブラック企業ではサービス残業を強要するなど法律違反レベルの長時間残業は揉み消されてしまいます。

有給休暇を取得できない

有給休暇は労働者の権利であり自由に取得できますし、取得するにあたっての理由も不要です。

会社側は労働者が有給休暇を請求した場合には、基本的に拒絶してはいけないことになっています。

しかしブラック企業では「今は忙しいからダメ」「ギリギリの人数でやっているのに何で休むの?」など様々な圧力をかけてきて休みづらい雰囲気をつくっています。

相応の給料がもらえない(低賃金)

新卒くん
休日出勤した分が給料に反映されていないんです。。
「給料」は働く理由です。
自分の時間を削って働いた分の給料が支払われないのは明らかにブラック企業です。
泣き寝入りせずもらうべきものは満額もらって然るべきです。
Tsuyoshi
そういう僕も、かつて給料の不払いで本当に苦労しました。あれは仕事ではなく完全なるボランティアで悔やんでも悔やみきれません。

離職率が高く、人の入れ替わりが激しい

離職率が高いというのもブラック企業によく見られる特徴です。
日本では1割以上の方が入社1年未満で会社を辞めている状況ですが、ブラック企業に至ってはこの数字を遥かに上回るものと推測できます。
いつも人が入れ替わっている印象をうける職場は注意が必要です。
【新卒就業者の離職率】
1年目 2年目 3年目
中学卒 36.5% 14.7% 8.5%
高校卒 17.2% 12.3% 10.0%
短大卒 17.7% 13.3% 12.0%
大学卒 11.6% 11.4% 9.9%

厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000689563.pdf

ハラスメントの横行

パワハラ、セクハラといったハラスメントが横行しているのもブラックな職場の典型です。

上司の罵声がいつも飛び交っていたり、いじめ、性的な嫌がらせなどが日常的に見られる職場は、ハラスメントが企業文化として根付いてしまっている可能性が高く、「逃げるが勝ち!」と言ってもおかしくない状況です。

こういう職場では、会社のコンプライアンスの窓口に相談してもあまり期待はできませんので、さっさと辞めてしまうことが一番です。

Tsuyoshi
ハラスメントの対応は、最も緊急性が高い事項ではないでしょうか。
パワハラ・セクハラなど緊急で対応すべき状況の場合、退職代行サービスの利用を今すぐ検討してください。
一番おすすめの退職代行サービスはこちら
\一番おすすめの退職代行サービス/

新卒で入社した会社がブラックだった時の対処法

あなたが新卒で入社した会社が運悪くブラック企業だった場合、対処法は「辞める」こと以外にはありません。

ブラックな会社は更生する見込みはほぼゼロですし、いるだけ時間の無駄と言って良いでしょう。

新卒で入社した会社がブラックだった時は今すぐ辞めるべき

新卒に限らず言えることですが、会社がブラックだった場合には今すぐ辞めるべきです。

ブラックな体質の職場は、そのこと自体が文化として根付いてしまっていますので、経営陣が総入れ替えになるなどドラスティックなことでも起きない限り普通の会社にはなりません

新卒者の転職は第2新卒などと称されるように市場価値が高いですから、今のうちにブラックな会社とは縁を切ることが大切です。

関連記事

上司のパワハラでもう会社に行きたくない 怖くて辞めたいって言い出せない このようにパワハラ(パワーハラスメント)で会社を辞めたいと思っている人ってものすごく多いんです。 筆者も民間企[…]

【雇用形態別】即日で退職する方法

雇用形態

まず結論から言うと、どのような職業であっても会社との合意がなければ即日で退職すると言うことは不可能です。

「本日を持って退職させてください!」は多くの場合、却下されておしまいです。

なぜなら会社を辞める場合、2週間前までに必ず申告しなくてはならないと民法に定められているからです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:e-Gov民法|第六百二十七条

しかし会社側に退職の意思を伝えてから、一度も会社に出ることなく合法的に辞める方法はいくつか存在しています。

雇用の形態によって適用される法律が違いますので、以下で雇用形態別に詳しくみていきます。

正社員が即日退職する方法

  1. 会社と合意する
  2. 退職日まで有給休暇を使う
  3. 退職日まで欠勤扱いにしてもらう

①会社と合意する

実際には、ほとんど期待することはできませんが、あなたの退職の申し入れに「辞めてもいいよ」と会社から同意を得ることができれば、理由のいかんを問わず即日で退職できます。

しかし、ブラック企業では、常に人手不足の可能性が高いですし、余程のことがない限り難しいです。


②退職日まで有給休暇を使う

「退職の2週間前までに申し出る」ことは法律上決まっていることですが、実は、この法律では会社に在籍することは義務付けられていますが、必ず出社しなければならないとは書いていないのです。

つまり、もし、あなたに有給が2週間以上残っているのであれば、会社に退職を申し出てから2週間分の有給休暇を一気に消化することで実質的に即日退職が可能になります。

とはいえ、新入社員であるあなたが有給休暇を取得できるのは「入社半年後に10日間」ですので有給休暇の消化だけで退職日までやり過ごすことは現実不可能です。

Tsuyoshi
ブラックな企業だとそもそも有給がもらえるかどうかと言う問題もありますね。。。

③退職日まで欠勤扱いにしてもらう

有給休暇ではなく、退職日まで欠勤扱いにしてもらうことで実質的に即日退職する方法もあります。

有給休暇が残っていなかったりする場合に有効な手段ですが、会社と交渉し同意を得る必要がありますので、大変なエネルギーが必要になります。


関連記事

会社の人間関係が最悪…。正社員だけどもう1日たりとも勤務したくない 正社員として夢や希望を持って入社した会社でも、様々な理由から「今すぐ辞めたい」「明日からもう出社したくない」と思っている人って結構いますよね。 そこ[…]

契約社員が即日退職する方法

  1. 会社と合意する
  2. 契約期間が1年を超えている
  3. やむを得ない理由がある

①会社と合意する

実際には難しいかもしれませんが、会社との合意を得られれば、特に理由がなくても正社員同様、即日で退職できます。


②契約期間が1年を超えている

契約年数が1年以上で、なおかつ1年以上働いている場合は、会社に申し出ることで辞めることができます(民法628条)。

Tsuyoshi
新卒社員のあなたには直接該当しませんが、翌年以降のためにも知識として持っていると良いでしょう。

③やむを得ない理由がある

民法628条に「やむを得ない事由があるとき」は直ちに退職できる旨の記述があります。

因みに、やむを得ない退職理由とは、

・家族の介護が必要になった

・パワハラ、セクハラを受けている

・心身の障害、病気になった

・業務内容が法令違反である

・配偶者の転勤

といったもので、自分自身ではどうにもならない理由を指します。

Tsuyoshi
ブラック企業は該当しまくり!ですが、やむを得ない理由であることを認めてもらわなくてはならないため少し面倒ですね。

関連記事

私は契約社員として勤務していて契約期間が8カ月残ってます。でももう1日も勤務したくないんです。。 契約社員とは雇用期間を定めた「有期労働契約」を結んでいる社員を指しますが、契約期間の満了を待たずに会社を辞めることができ[…]

パート・アルバイトが即日退職する方法

  1. 雇用期間なし→正社員と同じ方法
  2. 雇用期間あり→契約社員と同じ方法

あなたがパート・アルバイトの場合、雇用期間が定められているかどうかによって即日で退職する方法が変わってきます。

ご自身の雇用期間について採用時の契約書を確認するか、雇用主に直接問い合わせましょう。


関連記事

バイト先が無理!アルバイトだけど辞めづらい。でももう1日たりとも勤務したくないし。。。 バイト先を今すぐ辞めることはできないか?という悩みをお持ちの方って多いですよね。 そこで本記事では ・アルバイトを即日で退職す[…]

バックレだけは絶対NG

新卒で就職した先がブラック企業であった場合、逃げ出したい気持ちはよくわかりますし、今すぐ逃げ出すべきです!

ただしこの場合であったても、注意したいのが無断で会社に行かなくなること、いわゆるバックレです。

あなたがどんなに辛い思いをしていたとしても、バックレることだけは絶対にNGです。

無断で辞めることは大きなトラブルを招き、あなたの将来にも不利益しかありません。

バックレなくても今すぐ逃げ出す方法は他にあります!ので、とにかくバックレることだけは避けるようにしてください。

関連記事

「会社に無断で仕事を辞めることはできるの?」こんな疑問をもった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか? 「仕事、バックレちゃおうかな?」こう考える場面って結構多かったりしますよね? そこで本記事では、 ・仕事を無断で辞[…]

逃げる

ブラック企業を即日で辞める流れ

会社を即日で退職するまでの流れについて解説します。

即日退職の流れ
STEP① 退職の準備
STEP② 上司に退職報告〜話し合い
STEP③ 退職届の提出
STEP④ 返却物と受け取るものの整理

STEP① 退職の準備

まずは、あなた自身で退職する日を決めます。

即日退職とはいえ、退職を申し出てから最短でも2週間は会社に在籍する必要がありますので、その間をどのようにするのか(有給、欠勤等)整理しておきます。

STEP② 上司に退職報告〜話し合い

STEP①で検討した内容(退職日等)を上司に報告します。

これが即日退職の一連の流れの中で一番に高いハードルかもしれません。

ただでも言いにくい「退職」なのに、ましてや「明日から出社しません(実質的に即日退職)」ということを伝えるわけですから厳しい話し合いになることは必至です。

Tsuyoshi
パワハラ上司の場合は、本当に報告しづらいですよね。。
関連記事

新卒だし退職についてどうしても言い出せなくて。。。 「会社を辞めたい」「退職したい」を伝えることってものすごくエネルギーの要ることですし、できればサラっと終わらせたいな〜と思うのではないでしょうか。 […]

STEP③ 退職届の提出

無事に話し合いがまとまれば、あとは退職届を提出し淡々と退職に必要な手続きを踏んでいきます。

Tsuyoshi
ここまでくればあともう少しです!

STEP④ 返却物と受け取るものの整理

退職時の手続きとして制服や社員証、名刺、保険証など会社からの貸与物を返却しなくてはなりません。

また、逆に離職票や年金手帳など受け取らなくてはならないものもあります。

どのようにしたら良いのか、退職日までに会社の総務部と相談しておきましょう。

確実に辞められるのは退職代行サービスの利用

ここまで新卒で入った会社がブラック企業だった場合の対処法や即日退職するまでの流れを紹介してきました。

しかしブラック企業を退職するのに、新卒の新入社員が自力で手続きを踏むの厳しいものがある、、、いえ、現実的に無理だと思います。

そこでおすすめしたいのが退職代行サービスを利用することです。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

  • 会社を辞めたいけれど言えない…
  • ストレスが限界で会社を辞めたい…
  • パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…
  • 新卒入社した会社がブラック過ぎて辛い…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。

退職代行サービスの正しい選び方・ポイント

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。
関連記事

退職代行サービスとは会社を辞めたい労働者に代わって退職の意思を伝えたり手続きを行なったりするサービスですが運営元の業態により3種類に分ける事ができます。 今回の記事では 退職代行って違法性はないの?3つのタイプって何?違[…]

おすすめの退職代行サービスは?

SARABA

「新卒で入った会社がブラックだったので今すぐにでも辞めたい」こうお悩みのあなたに一番おすすめできるのは「退職代行SARABA(サラバ)です。

ブラック企業に長くいればいるほどマイナス面がどんどん大きくなっていきます。

取り返しのつかないことになる前に、今すぐSARABA(サラバ)で退職へ舵を切りましょう。

以下で、特に重要な【実績】【料金】【交渉力】について主要12社を比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

第1位 退職代行SARABA ◎ 24,000円 ◎ 労働組合が運営
第2位退職代行Jobs ◎ 27,000円+2,000円 ◎ 一般業者+労働組合
第3位退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
第4位退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業者
第5位退職代行モームリ ◎ 22,000円(正社員)12,000円(アルバイト) ◎ 労働組合
退職代行TORIKESHI ◎ 25,000円 ◎ 労働組合
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業者
男の退職代行 ◎ 26,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業者

 

いかがでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)なら、サービス料金が業界最安級で、しかも労働組合による運営で会社側と交渉OK、実績も申し分のないということがおわかりいただけたと思います。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついていますので安心ですね。

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

まとめ:あなたの大切な時間をブラック企業で費やすべきではない!

拳

「せっかく苦労して内定をもらい入社した先がブラック企業だった」

これは本当に辛いですし、先行き不安ですし、人生終わった?と考えてしまってもおかしくはない状況ですよね。

でも大丈夫です!

あなたはまだまだ若いですし、ブラック企業なんかは今すぐ辞めて転職にチャレンジすれば良いのです!

あなたの大切な時間(命)をこれ以上ブラックな職場で費やすのは辞めにしませんか?

退職の連絡、手続きなど一切をお任せできる退職代行サービスを上手に利用すれば、今すぐ悩みから解放されます。

再就職(転職)についても退職代行SARABA(サラバ)なら、無料でサポートしてくれますので先行きの不安も解消されますよね。

24時間365日無料で相談を受け付けていますので、まずは今の職場のブラックな状況や悩みを相談してみるだけでも良いのではないでしょうか。

\転職無料サポート付き/

【厳選】退職代行おすすめランキングTOP3

当サイトが厳選し自信を持っておすすめする退職代行サービスランキングTOP3を紹介します。

100社以上あると言われる退職代行サービスから厳選に厳選を重ね、本当に安心して任せられる失敗しない業者だけをピックアップしました。

さらに詳しく知りたい方は「【厳選】退職代行おすすめランキング!」をご覧ください!

第1位:退職代行SARABA(サラバ)

SARABA

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 5.0
実 績 5.0
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 5.0
無料特典 5.0
総 合 5.0
退職代行SARABAおすすめポイント
  • 利用料金が業界最安値級(24,000円
  • 追加料金一切なし
  • 実績1.8万件以上
  • 退職成功率100%
  • 全額返金保証あり
  • 労働組合なので会社との交渉ができる
  • 365日24時間対応(深夜や休日でもOK・即対応)
  • 回数制限なしの無料相談
  • 行政書士監修の退職届プレゼント
  • 有給消化サポート
  • 無料転職サポートつき

今回ランキングの1位にあげた退職代行SARABAは退職に関する悩みを全て解決してくれる完璧なサービスと言えます。

利用料金は、オプション等の追加料金が一切なし、一律税込24,000円という業界最安値級の利用料金を実現していることも本当に助かります。

よくありがちな「安かろう悪かろう」という心配もSARABAには無関係です。

即日や有給消化後の退職希望など様々な状況にも応じた行政書士監修の退職届がもらえたり、労働組合運営なので会社との交渉もしっかり対応してくれるので安心してお任せできます。

\転職無料サポート付き/

関連記事

退職代行SARABA(サラバ)は退職代行サービスの代表的業者ですが、利用に踏み出せないでいる方も多いようです。 ネット検索するとSARABAという名前と一緒に「詐欺」とか「失敗」などと怪しい文字が出てきて不安なんですよね。[…]

第2位:退職代行Jobs( ジョブズ)

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 4.5
実 績 4.0
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 4.5
無料特典 5.0
総 合 4.7
退職代行Jobsおすすめポイント✅
  • 弁護士監修なのに27,000円(会社と交渉する場合は29,000円)
  • 退職成功率100%
  • 全額返金保証あり
  • 労働組合加入で会社との交渉ができる
  • 引越し・転職サポート
  • 無料心理カウンセリングあり

退職代行Jobsは弁護士監修でありながら、利用料金が税込27,000円という良心的な料金であることが大きな魅力となっています。

会社との交渉が必要な場合でも労働組合と提携していますので対応可能です(労働組合費2,000円別途)。

顧問弁護士による心理カウンセリングが無料で受けられるなどのサービスもあり、退職のストレスで辛い状況にある方には特におすすめします。

退職代行Jobsが提供するサービスの案内

関連記事

退職代行Jobs(ジョブズ)は顧問弁護士監修による優良な退職代行サービス業者ですが、利用をためらっている方も多いようです。 退職代行も業者がいろいろあり過ぎて、実際のところがよくわからないです。。 そこで今回の記[…]

第3位:退職代行ガーディアン

違法性なし(合法) 5.0
利用料金 4.5
実 績 非公開
成功率 5.0
会社との交渉 5.0
対応時間 4.0
無料特典 3.5
総 合 4.5
退職代行ガーディアンおすすめポイント
  • 追加料金一切なし、一律29,800円
  • 退職成功率100%
  • 労働組合なので会社との交渉ができる
  • 非営利の法人であるため利益を目的としていない(労働組合法人

退職代行ガーディアンの利用料金は追加料金一切なしの一律29,800円が魅力の一つと言えます。

ガーディアンは非営利法人(労働組合法人)で利益を目的としておらず、このサービスの利用料金も「退職代行の料金」としてではなく労働組合の組合費となっています。

労働組合ですから、会社との交渉ももちろん可能です。

当サイトでおすすめしている退職代行サービスはすべて安心して任せられるものですが、「利益目的」というところにアレルギーのある方にはこの退職代行ガーディアンがおすすめです。

\労働組合で辞める!/
退職代行ガーディアンに相談する

関連記事

退職代行ガーディアンは労働組合法人が運営する優良な退職代行サービス業者ですが、利用をためらっている方も多いようです。 退職代行って数が多すぎて、どこが良いのかさっぱりわからない。ガーディアンのいう労働組合法人ってどういうこ[…]

安心して任せられる業者だけを厳選して紹介!

仕事が限界!会社を辞めたいけど辞められない時の解決策!

 

各都道府県のハローワークでは、若者や新卒者に向けた就職、再就職の斡旋に力を入れているところが多くなってきています。

新卒で入社した会社があまりにもブラック過ぎて、「しまった、やってしまった。。。」とお悩みの方は、以下の【エリア別おすすめ退職代行サービス】の記事で各エリアのハローワーク情報も記載していますのでご興味があればチェックしてみてください。

 

【エリア別おすすめ退職代行サービス】

北海道・東北 近畿
【札 幌】おすすめ退職代行サービス
【青森県】おすすめ退職代行サービス
【盛 岡】おすすめ退職代行サービス
【秋田県】おすすめ退職代行サービス
【仙 台】おすすめ退職代行サービス
【山形県】おすすめ退職代行サービス
【福島県】おすすめ退職代行サービス
【三重県】おすすめ退職代行サービス
【大 阪】おすすめ退職代行サービス
【滋賀県】おすすめ退職代行サービス
【京 都】おすすめ退職代行サービス
【姫路市】おすすめ退職代行サービス
【奈良県】おすすめ退職代行サービス
【和歌山県】おすすめ退職代行サービス
関東 中国・四国

【茨城県】おすすめ退職代行サービス
【宇都宮】おすすめ退職代行サービス
【群馬県】おすすめ退職代行サービス
【埼玉県】おすすめ退職代行サービス
【千葉県】おすすめ退職代行サービス
【東 京】おすすめ退職代行サービス
【横 浜】おすすめ退職代行サービス

【鳥取県】おすすめ退職代行サービス
【松江市】おすすめ退職代行サービス
【岡山県】おすすめ退職代行サービス
【広島県】おすすめ退職代行サービス
【山口県】おすすめ退職代行サービス
【徳島県】おすすめ退職代行サービス
【香川県】おすすめ退職代行サービス
【松 山】おすすめ退職代行サービス
【高知県】おすすめ退職代行サービス
中部 九州・沖縄
【新潟県】おすすめ退職代行サービス
【富山県】おすすめ退職代行サービス
【石川県】おすすめ退職代行サービス
【福井県】おすすめ退職代行サービス
【山梨県】おすすめ退職代行サービス
【長野県】おすすめ退職代行サービス
【岐阜県】おすすめ退職代行サービス
【静岡県】おすすめ退職代行サービス
【名古屋】おすすめ退職代行サービス
【福岡県】おすすめ退職代行サービス
【佐賀県】おすすめ退職代行サービス
【長崎県】おすすめ退職代行サービス
【大分県】おすすめ退職代行サービス
【熊本県】おすすめ退職代行サービス
【宮崎県】おすすめ退職代行サービス
【鹿児島県】おすすめ退職代行サービス
【沖縄県】おすすめ退職代行サービス