新卒の営業職が辛くて辞めたいはアリ?辛い理由や向かない人も紹介

新卒(新入社員1年目)で営業職に配属されて、辛くて辞めたいと悩んでいませんか?

社会人1年生は学生時代とはまるで違う「人付き合い」に悩むことが多いですが、加えて取引先との関係も求められる「営業職」は人によっては地獄のような苦しみですよね。

今回の記事では

新卒くん

・新卒で配属の営業職が辛いなら辞めても良い?

・みんなはどんな理由で辞めたいんだろう?

・営業職に向かない人ってどんな人だろう?

といった疑問にお答えし
さらに
・営業職が辛くて辞めたい時の対処法
・辞めたいけど辞められない時の対処法
について詳しく解説していきます。

新卒で配属された営業職が辛いなら辞めても良い!

新卒で入社した会社での配属先が「営業」で、ノルマがキツかったり成績が上がらず悩んでいる人って結構多いんです。

  • 新卒なのに辞めるのは甘えではないのか?
  • 多少のストレスは我慢して仕事を続けるべきではないのか?

こんな風にあなたは感じているのかもしれませんね。

Tsuyoshi
でも、営業が辛くて辞めたいと思うなら、辞めてしまっても大丈夫です!

あなたが辛いと感じるのは、それなりの理由があってのことですし、けっしてラクをしたいと思っているわけではないのですから。

他人から「甘えだ」とか「もう少し我慢したほうがいい」などと言われる筋合いはないのです。

むしろ無理して我慢し過ぎることで、

・精神的に病んでしまう

・モチベーションが上がらず成績がますます下がってしまう

という悪影響が出てきます。

Tsuyoshi
限界まで我慢して取り返しのつかないことになる前に手を打つ必要があると言えるでしょう。

新卒のあなたが、「営業がとにかく辛い」「営業が向いていない」と悩んでいるなら、基本的に解決方法は1つ「職種を変える」しかありません。

入社1年目で社内部署の異動は現実的には厳しいかもしれませんが、その場合、他社への転職も検討して良いでしょう。

まずは職種を変えることでやりがいが出たり、快適に働くことが出来るようになる可能性は大いにあります。

新卒くん
でも新卒だし、転職する以前に退職を言いづらいな。。
もし、あなたがこんな風に悩んでいるのなら、退職に関するハードルをゼロにしてくれる退職代行サービスがおすすめです。
退職代行業者によっては、転職のサポートが無料でついていたりするものもあるので、「新卒で営業が辛く辞めたい」と悩んでいるならぜひチェックしてみてください。
関連記事

新卒だし退職についてどうしても言い出せなくて。。。 「会社を辞めたい」「退職したい」を伝えることってものすごくエネルギーの要ることですし、できればサラっと終わらせたいな〜と思うのではないでしょうか。 […]

「退職を言い出せない」時に利用したい退職代行とは

退職代行サービスとは、会社を辞める際の連絡から手続きまでの一切をあなたに代わって業者が行ってくれるサービスです。

元々は弁護士の仕事だったのですが現在は一般業者も含めると100社以上が参入しており利用者も年々増えています。

  • 会社を辞めたいけれど言えない…
  • ストレスが限界で会社を辞めたい…
  • パワハラで辞めたいのに辞めさせてもらえない…

というような様々な悩みを抱えている人たちの退職に貢献しています。

退職代行を利用すれば、あなたは会社側と話をすることは一切ありませんし、同僚と顔を合わせることもせず明日から出社しなくて良くなります。

Tsuyoshi
会社のストレスをたった今この瞬間に!一瞬でゼロにしてくれるサービスです!

退職代行サービスの選び方・ポイントとは

退職代行は辞めたい(辞められない、言えない)と悩んでいる方にとって救いの一手でとても便利なサービスである反面、デリケートな問題を扱っているため業者選びを間違えるとトラブルの元にもなってしまいます。

以下の5つのポイントをチェックして間違いのない業者を選んでください。

退職代行選びのポイント
【合 法】法律違反などのトラブルがない業者であること
【実 績】実績が豊富であること
【成功率】失敗しない業者であること
【料 金】利用料金が良心的であること(3万円以下がおすすめ)
【交渉力】いざという時に会社との交渉が可能な労働組合系、弁護士系であること
Tsuyoshi
退職金や有給など会社側と交渉できるのは弁護士か労働組合です。一般業者は違法行為となりますので注意が必要です。

新卒者におすすめの退職代行サービスはどこ

SARABA

「新卒の営業職が辛くて辞めたい」こうお悩みのあなたに一番おすすめできるのは「退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行サービスを検討する上で特に重要な【実績】【料金】【交渉力】について主要10社を比較しましたのでご覧ください。

退職代行サービス比較表

サービス名 実績 料金

交渉力

退職代行SARABA(サラバ) ◎ 25,000円 ◎ 労働組合が運営
退職代行ニコイチ ◎ 27,000円 × 一般業社
退職代行EXIT(イグジット) △ 50,000円 × 一般業社
退職代行Jobs(ジョブズ) ○ 27,000円+2,000円 ○ 一般業社+労働組合
男の退職代行 ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営

わたし NEXT

○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
弁護士法人みやび △ 55,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行ガーディアン ○ 29,800円 ◎ 労働組合が運営
退職代行サービスのNEXT △ 33,000円〜 ◎ 弁護士事務所
退職代行コンシェルジュ △ 33,000円 × 一般業社

いかがでしょうか?

退職代行SARABA(サラバ)なら、サービス料金が業界最安級で、しかも労働組合による運営で会社側と交渉OK、実績も申し分のないということがおわかりいただけたと思います。

退職後についても「転職無料サポート」のサービスがついていますので安心ですね。

24時間365日体制で無料相談を受け付けていますので、今すぐLINE登録し悩みを相談してみてください。

\転職無料サポート付き/

営業職は最も離職率が高い職種

そもそも営業職は最も離職率が高い職種です。

メーカー、サービス業、インフラ業など業種により差はありますが、どの業界にあっても総じて離職率が高い職種が営業職です。

営業の離職率が高い主な原因は、

  • 厳しいノルマを達成できない
  • 取引先の都合を優先するため土日など休みを取りづらい
  • 対人関係のストレスが大きい
  • 人としての価値を数字(売上)で判断される

などです。

これらを見てわかる通り、営業職は新卒のあなたに限らず合わない人には絶対に合わないですし、「辛くて辞めたい」と考えるのは人として当たり前の感覚なのです。

辞めたいけれど上司に言いづらい場合には退職代行サービスがおすすめです。

新卒の営業職が辛くて辞めたくなる理由

営業職は対人関係や高いノルマなどストレスが多い職種ですが、特に新卒者が「営業が辛いので辞めたい」と感じる理由は以下の通りです。

【新卒の営業職が辛くて辞めたくなる理由】

  1. 人とのコミュニケーションが苦手で辛い
  2. 成績が上がらず肩身が狭い
  3. 自分が納得できない商品も売らなくてはいけない
  4. 将来が不安

詳しくみていきます。

人とのコミュニケーションが苦手で辛い

営業職は人間関係が基本となる仕事で、それは顧客に限らず上司、同僚、他の部署など社内外の調整役といっても良いでしょう。

学生時代の付き合いはほぼ同年代に限定されていましたが、社会人ともなれば自分の親世代など幅広い世代との付き合いが要求されます。

そもそも人付き合いが苦手だったり人見知りな方は、話をするだけで緊張したり、表情がこわばったり、その気はないのに挙動不審な動きになってしまったり…、これでは成果も上がらず毎日が辛くなる一方です。

成績が上がらず肩身が狭い

営業職にプロセスや努力は求められることはなく、数字(売上・結果)が全てです。

それは新卒であっても同じで、毎月の売上が数字となって現れてきますので、成績が振るわないと肩身が狭く針のむしろ状態になってしまいます。

Tsuyoshi
僕も毎週月曜日の営業会議で売上目標、進捗、結果を報告するのが本当に辛かったです。。

ひどい職場や心ない上司がいたりすると、数字が上がらない営業マンは人格否定とも取れることまで言われたりして、ますます萎縮し悪循環が止まらなくなってしまいます。

自分が納得できない商品も売らなくてはいけない

自社製品に誇りが持てなかったり、他社製品が明らかに優れているのに、何が何でも自社製品を売らなくてはならないのが営業の辛いところですよね。

商品に誇りを持てない→モチベーション低下→成果が出ない

こんな悪循環を繰り返しているうちに、自分は何をしているのかと疑問に思い始め仕事を辞めたくなってしまいます。

「辞めたくても言い出せない」という時は退職代行サービスの利用を検討してみてください。

退職代行サービスとは

一番おすすめの退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/

将来が不安

数字ばかりを追いかけて、それでも成績が振るわずビクビクと肩身の狭い毎日が続いていると、ふと将来が不安になることがあります。

例えば、

・このまま続けても成績が上がらないかも

・このまま続けても営業トーク以外のスキルは身につかないのでは

・自分の親世代の年齢になっても汗水垂らして数字を追わなければいけないのか

というように思われ、このまま仕事を続けることが自分の人生にとって大きなマイナスになりはしないかとの不安感が増幅され、今すぐめたい、辞めなければという気持ちになっていきます。

「今すぐ辞めたい」という方は退職代行サービスが安心で確実です。

退職代行サービスとは

一番安心で確実に辞められる退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/

営業職に向かない人

営業職は向き不向きがとても大きい職種です。

【営業職に向かない人】

  1. コミュニケーションをとるのが苦手
  2. 繊細すぎてストレスに弱い(鈍感さも必要)
  3. プライドが高すぎる(頭を下げられない)
  4. 自分に自信がない
  5. 数字や計算が苦手
  6. 競争心がない

詳しく説明していきます。

①コミュニケーションをとるのが苦手

営業職は人と接してナンボの世界です。

学生時代とは違い、幅広い年代とのやりとりがあります。

取引先はもちろん、社内でも上司、先輩、同僚、他部署と円滑にコミュニケーションをとり情報を共有することが要求されます。

少子化の時代で、兄弟も少ないので、歳の離れた人とどんな風に接したら良いのかわからないと悩む方も多いです。

②繊細過ぎてストレスに弱い(鈍感さも必要)

心が繊細で優しい人は相手の気持ちや立場を考え過ぎてしまいがちです。

その結果、ストレスが雪だるまのように大きくなり、どうにも身動きが取れなくなってしまいます。

時には「少しぐらい我を通しても大丈夫!」「相手はそれほど気にしないだろう」というような、ある意味鈍感さも必要なのが営業職です。

プライドが高過ぎる(頭を下げられない)

プライドを持つことは悪いことではありませんが、度が過ぎるのは考えものです。

社会人ともなれば、こちらに非がなくても謝ったりするなど理不尽な目にあうことはよくあることです。

特に営業職は取引先の無理難題をグッと堪えなければならない場面に遭遇することも多いですし頭を下げなくてはならないことも多くあります。

自分に自信がない

自分自身に自信が持てないため、最後の押しの一手が弱く結果に結びつかないということがあります。

ただこれは、あなたの謙虚さだったり優しさだったりという人として美しい部分の裏返しでもありますので、職種によっては強みになる可能性が大きいです。

数字や計算が苦手

営業職は売上が全てです。

商品を売る場合、原価意識を持つことは非常に大切ですし、成果を上げるためにさまざまな要因を網羅し、逆算してスケジュール立てをしたり、、、という計算的な脳の使い方が求められます。

競争心がない

営業職は常に競走といっても過言ではありません。

体育会系の職場ですと「常在戦場」などと尻を叩かれたりしますが、ライバル会社ももちろんですが、社内の営業同士で競争する意識がなくてはなりません。

人と争うのが苦手であっても、最低限の競争心がないと難しいかもしれません。

Tsuyoshi
仕事ができないとか能力がないという訳ではなく、人には向き不向き(適正)があるということですね。
自分には能力がないのでは?と悩むのではなく、「営業職が向いていない」と感じたら我慢せず別の職種を探してみましょう。
退職代行サービスを利用すれば、会社を辞める手続きなどのハードルがゼロになりますし、業者によっては転職までサポートしてくれます。

退職代行サービスとは

せい一番安心で確実に辞められる退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/

営業職が辛くて辞めたい時の対処法

新卒のあなたが営業職が辛くて辞めたい時の対処法を紹介します。

部署の異動を願い出る

まずは、実際にはあまり期待できないのですが、社内での部署異動を申し出てみることも一つの対処法となり得ます。

これは今の会社が好きで、人間関係も悪くない方限定の方法になりますが「自分は今とても辛いんだよ」アピールにもなりますしやってみる価値はあります。

ただ新卒社員の場合、入社して間もない(1年未満)ですし、ある意味では試用期間みたいなものですから、すんなりと要望が通ることはないと思います。

また仮に部署異動が認められても実際に配属されるまでに時間がかかることも覚悟しなければなりません。

転職する

根本的に解決するには転職するしかありません。

上記した通り、社内での部署異動は非常にハードルが高いですし、営業職が向かないあなたは転職することが一番の解決方法になります。

幸い、新卒のあなたは「第2新卒」として市場価値も高いですし新しい就職先も見つけやすいです。

ズルズル嫌な気持ちを引き摺りながら仕事をするよりも自分に合った職場にサクッと転職して、新たにスタートを切った方が将来にも繋がります。

辞めたくても辞められない時の対処法

退職届

  • 上司に退職を言い出しづらい
  • 退職を申し出るタイミングがわからない
  • 辞めたいと伝えても無視される
  • 後任がいない
  • 人手が足りない
  • 転職活動をしていないので不安

など、様々な理由から「辞めたくても辞められない」と感じる場面は多いと思います。

全ての労働者に認められた当然の権利とはいえ、新卒のあなたにとって「退職」はかなり高いハードルですよね。

そんな時におすすめしたいのが退職代行サービスの利用です。

今悩んでいることがバカらしく思えるほど、簡単に確実に退職することができます。

イタズラに時間が過ぎていくことを眺めているのではなく、自分の大切な時間を無駄にしないためにも「退職代行サービス」を検討してみることをおすすめします。

退職代行サービスとは

一番安心で確実に辞められる退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/

「新卒で営業職を辞めたい」まとめ

【新卒で営業職辞めたい】まとめ

・新卒で営業職が辛いなら辞めても良い
・営業職は対人関係、高いノルマ、休みが少ないなどストレスが多い
・成績が振るわないのは仕事ができないのではなく向き不向きによるところが大きい
・悩みを根本的に解決するには職種を変える(転職)しかない
・「辞めたいけれど言いづらい」時は退職代行サービスの利用がおすすめ
・退職代行サービスで一番おすすめは転職サポートもついている退職代行SARABA(サラバ)

新卒での配属先された営業職が辛くて辞めたいと悩んでいる場合、辞めることに躊躇する必要はどこにもありません

営業職は向き不向きが大きい職種ですし、転職するなど職種を変えることであなた本来の能力を発揮でる可能性が高いです。

自分の適性に合った仕事について、やりがいを持って生き生きと働く自分を想像してみてください

今とは全く違う日常がそこにあり、将来についても前向きになれませんか?

あなたが向いていない営業職を我慢しながら続けている理由が、「辞めると言いづらい」なら退職代行サービスを検討してみてください。

きっと背中を押してもらえるはずです。

退職代行サービスとは

一番安心で確実に辞められる退職代行サービスはこちら

\転職無料サポート付き/