【丸長】秘密は魚介香る絶品スープ!観光客と地元民で行列ができる店

本記事では、岩手の南の玄関口、一関市にある「ラーメン」と「つけ麺」の人気店「丸長」をご紹介します。

一関市は、世界遺産の平泉や三陸海岸、栗駒山の観光起点で、毎年多くの観光客が訪れます。また宮城県仙台市、岩手県盛岡市の両県庁所在地のちょうど中間に位置していることから出張などで多くのビジネスマンが訪れる街です。

そんな街、一関の市民から絶大な支持を得て、昼時ともなれば毎日行列のできるラーメン店、それが「丸長」です。地元民だけにとどまらず、観光客、出張族など「丸長」目当てに訪れる人も少なくありません。

この記事では、

『丸長のメニューは?』

『地元民に愛され、観光客にも支持される人気の秘密とは?』

『営業時間は?場所は?』

など詳しく紹介していきます。

ラーメンの食べ歩き、世界遺産平泉や栗駒山、三陸海岸などの観光や出張で何を食べようか迷っている、そんな方はぜひ最後まで読んでみてください。

丸長とは?

岩手県の南の玄関口、一関市にあるラーメンとつけ麺のお店です。昼時は行列ができ、お店の入り口(外)に設置してあるベンチで入店待ちする人が多い人気店です。

お店の雰囲気は?

レンガ仕様のビルの1階にあります。店舗の入り口と店内には「ラーメンは郷土食」と筆で大きく書かれた張り紙があり、店主のラーメンに対する思いが伝わってきますね。

注文は入り口から入ってすぐ右側にある券売機で食券を購入するシステムです。

座席は厨房を逆L字型に囲むカウンター13席のみで、一人でも気兼ねすることもなく落ち着いて食事ができます。

つけ麺のルーツ「丸長のれん会」とは無関係

つけ麺が人気のお店で、しかも名前が「丸長」というと、荻窪の丸長中華そば店などで知られる「丸長のれん会」と関係がありそうですが、全くの無関係です。

店主の家系(ルーツ)がもともと丸長旅館という宿屋を経営していたことに由来しているようです。旅館があったのは、現在のマルチョウビル、つまり今の店舗が入っているテナントビルがある場所です。

店舗情報

【丸長(まるちょう)】

住  所:〒021-0882 岩手県 一関市 上大槻街2-34 マルチョウビル1F

営業時間:11時30分〜14時45分/17時45分〜25時00分

定休日 :日曜日

その他 :完全禁煙

駐車場 :近くに市営駐車場あり

メニューは?

「丸長」のメニューは、「ギョーザ」など一部サイドメニューがあったりしますが、基本的には「ラーメン」と「つけ麺」のみです。

ごくまれに「チャーハンください」とか「味噌ラーメンください」などと注文するお客さんと遭遇しますが、ありません!

丸長はあくまでも「ラーメン」と「つけ麺」のみで勝負するお店です。

【丸長のメニュー】

ラーメン 600円
つけ麺 700円
学割ラーメン 500円
学割つけ麺 500円
学割ラーメン(味玉) 550円
学割つけ麺(味玉) 550円
味玉 100円
ギョーザ 350円
おつまみセット(メンマ、チャーシュー2枚、味玉1個) 200円
晩酌セット(ラーメンorつけ麺、ギョーザ、飲み物2杯) 1,600円

とてもお財布にやさしいリーズナブルな料金設定ですね。特に学生さんにとってはありがたい料金なのではないでしょうか。何せワンコインで食べられるのですから!

魚介香るこだわりのWスープが行列をつくる!

お店の前を通りかかると、魚介系のなんとも良い香りが漂ってきます。多くの人はこの香りの魔法にやられ、暖簾をくぐってしまいます。

鰹、煮干しなどで出汁をとったスープとポクポクとした食感のストレート麺がよく絡み、遠くからわざわざ足を運んでくる人が絶えないのも納得します!

醤油ベースのあっさりとした、それであってコクもある絶品ラーメン、そしてラーメンのスープに少し酸味を加えた味のつけ麺。

よくあるお店では、「ラーメン派」と「つけ麺派」に分かれたりするようですが、丸長の場合は、その時の気分でどちらにするかを決める「どっちも好き!」という人が多いように感じます。

トッピングされている「チャーシュー」、「メンマ」もオリジナリティのある食感で、とても美味しいです。サイドメニューの「おつまみセット(メンマ、チャーシュー、味玉)」が人気なのも頷けますね。

丸長の場所は?JR一ノ関駅から徒歩1分

魚介香るラーメン、つけ麺で大人気の「丸長」は、岩手県一関市にあります。

東北本線(東北新幹線)JR一ノ関駅の西口を出て、徒歩1分。電車待ちの間、「ちょっと小腹が空いたな」という時でも、余裕を持って食べることができますね!

Googleマップでみる

住所:〒021-0882  岩手県一関市上大槻街2-34 マルチョウビル1F

まとめ

岩手県一関市にある人気のラーメン、つけ麺の店、「丸長」をご紹介させていただきました。

店主こだわりの魚介香るWスープは、地元民だけでなく、観光客や出張族など多くの人々から支持され、今日も行列が出来ています。

世界遺産平泉、栗駒山、三陸海岸など当地を観光等で訪れることがあるときは、ぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

魚介系の香り漂う絶品のスープ。ポクポクとした食感のストレート麺(やや太麺)。そしてオリジナリティ溢れるチャーシュー、メンマ、味玉などのトッピング。それらのすべてが絶妙に絡み合う「丸長」のラーメンとつけ麺。

できれば2回以上来店し、「ラーメン」と「つけ麺」の2種類を食べ比べしてみることを強くおすすめします!

それでは、今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。